Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

4 / 1

「Mayflower 400: Legend and Legacy 」(Finnbarr Webster/Getty Images)

英プリマスに9月29日、アート施設「ザ・ボックス (The Box)」がオープンする。2020年5月に開館を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で4カ月後ろ倒しての開館となる。

ザ・ボックスは、アート作品や文化遺産を集めた多目的空間で、2020年に英国でオープンする中でも最大規模の施設。元々は別の施設であったプリマス市立博物館&美術館、プリマス中央図書館、聖ルカ教会の3つを結合させ、13のギャラリーと展示スペースを設けた全く新しい施設へと生まれ変わった。


英国プリマスにオープンする、ザ・ボックスの外観(Finnbarr Webster/Getty Images)

一般公開に先んじて、9月25日から27日には地元住民向けのプレビューを開催。コロナ対策として、衛生管理やソーシャルディスタンシング、人数制限などを行っていくという。

こけら落としとして、以下3つの企画展が開催される。

「Mayflower 400: Legend and Legacy (メイフラワー400: 伝説と伝承)」

2020年は、ビルグリム・ファーザーズがプリマスから新大陸に渡った1620年から400年の節目の年。同展では、その渡航に使われたメイフラワー号やその歴史に関わる300点以上の作品を公開する。


「Mayflower 400: Legend and Legacy 」(Finnbarr Webster/Getty Images)

「Making It」

世界的に活躍するアーティスト、アントニー・ゴームリー(英)、レオノール・アントゥネス(ポルトガル)、アレクサンドル・ダ・クンハ(ブラジル)ら6人の作品を展示。

「Kehinde Wiley: Ship of Fools」

プリマス大学、ロイヤルミュージアムグリニッジと提携し、米国のアーティスト、ケヒンデ・ウィレイによる映像作品を公開。

文=初見 真菜 写真=Getty Images

PICK UP

あなたにおすすめ