I cover breaking news.

Photo by Chesnot/Getty Images

アマゾンがプライム会員限定で、ネット接続可能なフィットネスバイク「プライムバイク」を499ドルで発売する。同社はこのプロダクトで、在宅フィットネス大手のペロトン(Peloton)に戦いを挑もうとしている。

アマゾンはエシュロン・フィットネスとの提携によりEchelon Smart Connect Fitness Bikeと呼ばれるバイクを発売し、30日間無料で専用アプリ経由のフィットネス講座を提供する。

アマゾンのフィットネスバイクはペロトンの製品と同等の機能を持ち、アプリを通じたオンデマンドのフィットネス講座の受講や運動量の測定が可能とされる。しかし、レビュー欄をチェックしてみると、エシュロンのアプリのコミュニティは、ペロトンのものに劣るという声もあがっている。

アマゾンの製品は、1895ドルのペロトンの製品と比べると大幅に安いが、これはスクリーンを搭載せず、ユーザーのスマホをスクリーンとして用いるためだと考えられる。CNNとテッククランチはアマゾンの製品が、ペロトンを真似した安物だと呼んでいる。

ペロトンの株価はアマゾンのアナウンスを受けて約3%の下落となった。

エシュロン・フィットネスCEOのLou Lentineは9月21日、「当社はアマゾンとの提携によりプライムバイクを開発した。500ドル以下という誰もがアクセスしやすい価格で、これまでになかったフィットネス体験を提供していく」と述べた。

アマゾンのプライムバイクはペロトンの主力製品よりも、1400ドル近く安いことになる。アマゾンは以前から、外部企業とそっくりなプロダクトを自社ブランドから発売し、競合企業を痛めつけることで知られるが、ペロトンのバイクはアマゾンでは購入できない。

パンデミック後にジムの閉鎖が続く中、在宅フィットネス分野は活況に沸いている。ペロトンは昨年からサブスクリプション会員数を2倍以上に伸ばし、カルト的人気を誇っている。

この分野では新規の参入が相次いでおり、アップルも先日、独自のサブスクリプション制のフィットネス講座の立ち上げを宣言した。ウォルマートも既にエシュロンと組んで独自のバイクを発売している。しかし、この製品は既に在庫切れの状態だ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ