国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

遅れてきたイケメンには視線が集まる。コンパクトSUVは火花散るカテゴリー

2011年に登場した初代アウディQ3は、コンパクトSUVセグメントの代表的な存在として人気者だった。しかし、現在までの10年の間、BMW X2、レンジローバー・イヴォーク、ジャガーEペース、ボルボXC40などの強力なライバルが同セグメントに挑戦してきた。それらと戦っていくには、標準のQ3とともに、Q3ラインアップで初のスポーツバックが加わることで相当な競争力になるではないか。今回は、日本に上陸した全く新しいQ3スポーツバックを試してみることにした。

アウディ・ジャパンの話によると、旧型Q3とほぼ同サイズのQ3とQ3スポーツバックは、Q3モデル全体の販売台数のシェアは五分五分で、人気No.1のQ2とNo.2のA3の次に人気があるそうだ。また、面白いことに、ガソリン仕様とディーゼル仕様も半分ずつ占めているそうだ。

やはり、こういう小型SUVのラインアップに、よりスタイリッシュなバージョンがあればよりウケる時代だからスポーツバックはうってつけと言える。僕はこの新しく加わった仕様は格好いいと思う。まるで彫刻家が彫った感じで、エッジは効いているし、プロポーションは綺麗だし、無駄な部分がない。

ドアの「エクボ」がQ3より強調されているし、Cピラーが「上がり目」になり、テールゲートにさりげないリップスポイラーが付いている。また、リアバンパー周りのシルバー色のアクセントは標準のQ3と見事に差別化している。外観スタイリングはアウディの主な強みのひとつなので、このクルマはデザイン重視というしかない。リアのブリスターフェンダーの出っ張り感は、ベントレー・ベンテイガようにシマウマの「ヒップ」を連想させるフォルムだ。LEDヘッドライト、巨大なハニカム・グリル、シルバーのアクセントが付いたフロントのエアインテークのシャープなエッジは、特に男性に受けるスタイリングだろう。

Q3を横からみた

Q3スポーツバックは、標準のQ3をさらにシェイプアップしたフォルムだと思う。例えるとしたら、標準のQ3が格好いいドレスシャッツだとすると、新しいQ3スポーツバックは、そんなドレスシャツの襟に2トーンの色をつけ、腕を曲げる時のギャザーを足して、しかもよりボディコンにした感じだろう。

インテリアも大変身している。メーターパネルはフルデジタル式になり、ドライバーの目の前の10.25インチのフル液晶ディスプレイは、ハンドルに付いているスイッチをいじることによって、ナビの地図を表示したり、速度計とタコメーターを表示したりするので、運転手はほとんど道路から目を離さないで済む。またセンターコンソールの上に位置する大型のタッチスクリーンは指一本で扱いやすいし、数年先のデザインをイメージしているところを高く評価しよう。サポート性の良いレザーシートとその室内の素材は高級感があって、落ち着く感じがいい。

Q3のインテリア

アウディが得意とするシックさとエレガンスが見事に2020年代のために生まれ変わっているし、スイッチ類もグーンと減らしているので、ダッシュボードは全体的にすっきりしている。外観のデザインはどっちかというとドライでシャープだけど、室内は上品で、さりげなさを感じるスタイリングだ。2列目のシートの背の部分は今回、リクライニング機能が付いているので、旧型車より後部席の座り心地が少し良くなっている。旧型の背は立ちすぎていたので、長距離クルーズだと、腰が疲れる傾向があったからね。

文=ピーター ライオン

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい