Close RECOMMEND

Forbes Staff

Isabelle OHara / Shutterstock.com

米銀大手シティグループは10日、マイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)が退任し、後任にジェーン・フレーザー社長が就任すると発表した。米銀大手で初の女性CEOとなる。


ジェーン・フレーザー(左) (Photo by Johnny Nunez/Getty Images)

コルバットは来年2月に退任する予定。同行はフレーザーが兼任している消費者向け銀行事業トップ職の後任人事も近日中に発表する。

コルバットは2012年にCEOに就任し、金融危機をかろうじて乗り切った同行の事業立て直しに取り組んだ。フレーザーはシティ勤務歴16年で、これまで企業戦略・合併・買収部門や中南米事業の責任者を務めてきた。

フレーザーは昨年、社長職に昇格したことで、コルバットの後継者として選ばれたとの見方が浮上。フォーブスの「世界で最も影響力のある女性100人」ランキングでは32位に入った。

翻訳・編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ