Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


挨拶をされたら、必ず返す


挨拶は、相手の存在を認め、自分の存在を認めてもらうことです。挨拶をしてくれる人には、必ず挨拶を返すように教えます。

挨拶を返さないと無関心だと思われます。無関心は「相手の存在はどうでもいい」というメッセージになり、最も相手を傷つけます。お互いに挨拶を交わし合うのはコミュニケーションの基本です。

気持ちをこめて

 
挨拶の「挨」には「心を開く」、「拶」には「相手に近づく」という意味があるそうです。挨拶をするときはその言葉の意味を思い出しながら、相手の顔を見て、気持ちをこめて声をかけるように心がけます。

子どもにはスキンシップをまじえて、ハイタッチやハグをしながら挨拶をすると、とても喜びます。

null
Getty Images

スキンシップをとることで、先にも触れた愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌をうながせるというメリットもあります。

できなくても責めない


子どもが挨拶をしないときには、「恥ずかしい」「照れくさい」「素直になれない」といった思いがあります。けれどもそこで、「どうして言えないの?」と強要したり叱ったりすると、子どもはかえって反発し、挨拶をすることが楽しくなくなってしまいます。他の子と比べてできないことを責めるのも逆効果で、かえって萎縮することもあります。

挨拶が苦手な場合にはあせらず、「〇〇ちゃんちに着いたら最初になんて言おうか?」と心の準備をうながしたり、蚊の鳴くような声でも挨拶ができたら一緒に喜んであげるなど、子どものペースに合わせるようにします。

(本稿は、『子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり』からの抜粋です)

親が子にしてやれること「ベスト100」──著者からのメッセージ


私はこれまで、一男一女の子育てのかたわら、「プレジデントFamily」や「ReseMom」「ダイヤモンド・オンライン」など数々のメディアで、教育に関する記事を書いたり、企画や構成に携わったりしてきました。

さまざまな分野で卓越したお子さんたちとそのご家族、学校・塾・習い事の先生や生徒さんたち、あるいは研究の最前線に立つ大学の先生方などにも取材をし、話を聞いたり実際に現場を見せていただいたりしながら、最新の情報をお伝えしてきました。

そんな私を含めて、いま教育に関わりのある人たちが共通して感じていることがあります。それは、「現代の親は、多すぎる『子育て情報』におぼれている」ということです。

null
Getty Images

ネット上には個人の体験に基づいた成功例やアドバイスが大量に発信されていますし、雑誌や本、教育系のメディアも、「〇〇家の秘訣」「××ママの知恵」といったキャッチーな見出しであふれています。

昔ならせいぜい祖父母や親戚、ご近所さんくらいから得ていた情報が、いまや全国どころか世界中からも集められてくるわけですから、情報におぼれてしまうのもしかたありません。

変化の時代に対応した、新しい「子育ての教科書」


また、この春から新たに実施される小学校の新学習指導要領には、「創造力」や「表現力」「主体性」といった「非認知能力」(テストでは測れない能力)とも呼ばれる要素が組み込まれています。

いまの子どもたちが生きる未来には、「与えられた課題の正解を求める力」よりも、「自分で問いを立て、解決策を仲間と協力しながら考え、生み出す力」が求められており、非認知能力はそのベースとなる力として重要視されています。

この流れをくみ、学校や習い事をはじめとした学びのスタイルも多様化しつつあります。

そこで、『子育てベスト100』では、そんな時代の流れに対応して、「これからの世界に必要な力」を身につけることを重視して内容を組み立てています。

膨大な「研究成果」から最も有用な情報を追求


「一人ひとり生まれもったよさを失わずに、その子らしい成長を遂げられるためにはどうすればよいか」については、心理学、教育学、精神医学、脳科学をはじめ、これまでさまざまな学術領域で研究が重ねられてきました。

null
Getty Images

もちろん、広く知られている通説であっても、すべての子どもに当てはまるとはかぎりませんし、新しい研究によって常識が覆されることもあります。

それでも、先人たちが積み重ねてきた膨大な研究の成果は、子育てに悩んでいるとき、不安で心配なときに、心強い指針となります。

残念ながら、世間にあふれている情報は玉石混淆です。子どもの視点に立った、子どものためになる情報もたくさんある一方で、子どもに過度な負担をかけたり、かえって子どもの成長を邪魔したり、大人の都合やエゴが優先され、子どもの気持ちをないがしろにしたりしているものも少なくありません。

null
Getty Images

日々、時間に追われながらも、「わが子にどんなことをしてあげればいい?」と悩む親御さんが多いいま、誰かが一度、情報の整理をしたほうがいいのではないか。教育のプロでもない、カリスママザーでもない私ですが、だからこそ普通の親目線でわかりやすく、客観的な立場で有用な情報をまとめられるのではないか──。

そうした思いから、私は本書をまとめました。

.

PICK UP

あなたにおすすめ