挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

Pormezz / stock.adobe.com

新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う外出自粛や7都府県への緊急事態宣言の発令。在宅勤務へ移行する企業が増える中、これまで対面のコミュニケーションが中心だった採用活動もオンラインへの切り替えが進んでいる。

「必要に迫られオンラインに切り替えたがベストプラクティスがわからず、やりづらい……」と感じている採用担当者も正直、少なくないのだろう。

ただ、手法が変わるだけで、採用活動の本質は変わらない。オンライン採用活動ならではのメリットもある。そう、この機会を“変化のための好機”と捉えた方が得ではないだろうか。

取り組みのヒントを得るべく、オンラインでの採用活動をよく知る先駆者に話を聞いた。学生がリモート参加できる少人数制の合同会社説明会&座談会『オンライン就活』を提供する、ガイアックスの本部長・管大輔氏である。オンラインだからこそできる工夫、オンラインならではのメリット、そして進め方のポイントとは。

参考:採用ブランディングに関する記事一覧

オンライン採用活動は、会社の「個性」が出しやすい


新卒採用、中途採用に限らず、対面での説明会や面接の実施ができないことから、オンラインでの採用活動へ切り替えを迫られている企業が増えています。私の元にも、会社説明会の運営方法からZoomの契約プランについてまで幅広い相談が届くようになり、変化を実感しているところです。

これまで「オンラインで説明会や面接を行う企業は先進的・少数派」というイメージがあったかもしれませんが、今後は当たり前になっていくことでしょう。

とはいえ、オンラインでの採用活動は対面の採用活動に比べて「やりづらそう」「制限がある」といったイメージを抱かれている方も多いかもしれません。

けれど、意外とやりづらくないし、オンラインならではの工夫の余地があるのです。まずは、オンラインでの採用活動にまつわる誤解を解きながら、お話ししていければと思います。

企業のブランディングや採用活動に役立つ情報を配信中

文=小野祐紀

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい