Close RECOMMEND

世界を歩いて見つけたマーケティングのヒント

コロナ禍のコンテンツのトレンドには、ある回帰現象が起こっている (Shutterstock)

メディア企業ではなくとも、一般的な企業がマーケティング目的でコンテンツを発信することは、今や当たり前となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴いビジネスの「非対面化」が進む中、コンテンツ発信の重要性は増している。

企業はより効率化を求め、テクノロジーを駆使してサブスクライバー(自らメール配信を申し込んだ人)向けのメール配信に取り組んでいる。興味深いことに、一方ではヒューマンタッチ、つまり「人間味」のあるコンテンツへ回帰しようという動きが見られる。効率性とは一見相容れないような傾向だが、なぜ注目されているのだろうか。

コロナ禍のトレンドは「ヒューマンタッチ」と「共感」


筆者は今年6月、カンファレンス「Email Innovations Summit」にオンラインで参加した。メールマーケティングのカンファレンスとしては世界最大級のもので、著名なマーケターやメールマーケティング関連本の著者など、業界のトップランナーらがプレゼンした。


「Email Innovations Summit」のイベントページ

「いまさらEメール?」と感じる人もいるかもしれない。しかし、企業が消費者や顧客とコミュニケーションを取る際、メールは今でも重要なチャネルだ。セールスフォースやハブスポットなどのMAツールだって、メール配信がベースとなる。

「タイトルのつけ方」から「迷惑メールフォルダに振り分けられにくくする方法」まで、メールマーケティングの分野は幅広い。基本的には、その多くがテクニックを紹介するものだが、今回のカンファレンスでは新型コロナによる環境変化もあり、「コンテンツに人間味を持たせよう」「受け手に寄り添ったコンテンツにしよう」「倫理観を大切にしよう」といった「スタンス」を紹介するセッションが多かった。

メールマーケティングの最新テクノロジーの話をしていたかと思うと、終盤に突然「ヒューマンタッチ(人間味)」や「共感」と書かれたスライドが登場する。カンファレンスの中で、私はこんな場面に何度も出くわした。

文=田中森士

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ