こうした脱毛は、「どちらかといえば一般的なもので、“体のシステムに対するショックが引き起こした過度の脱毛による一時的な”皮膚病変」だとされている。手術や身体的・精神的な重症の外傷(トラウマ)、感染、高熱、急激な体重の減少や食生活の変化など、さまざまな状況が原因になり得る。

カナダのニュースサイト「グローバル・ニュース」によると、カナディアン・ヘア・ロス・ファンデーションの理事長、ジェフ・ドノバン医師もまた、COVID-19の患者に脱毛の症状がみられることを指摘している。

同医師によれば、朗報といえるのは、「感染後の脱毛は一時的な症状だとみられること」だ。大抵の場合において予後は良好であり、特別な治療は必要がなく、「基本的には、自然に回復するもの」だという。

ケターパル医師も、この症状についてはドノバン医師とおおむね同意見であり、次のように述べている。

「多くの患者、特に女性の場合、はげてしまうことを恐れます。ですが、この場合の脱毛は回復します。ただ、もとの状態に戻るには、時間がかかります」

脱毛がCOVID-19に関する新たな発見のひとつであるように、この感染症が長期的に私たちにどのような影響を及ぼすのかについて、明らかになるのはまだ先のことになるだろう。

専門家たちの大半は、新たな症状が出たり、健康状態が変化したり、医学的な問題が発生したと思われる場合には、まずは専門家の診察を受けることを勧めている。

編集=木内涼子

新型コロナウイルス特集
VOL.566

イスラエルでも始動の「下水からのコロナ検出...

VOL.568

米国人の3分の1、新型コロナのワクチン接種に...

PICK UP

あなたにおすすめ