Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 賢島」のエグゼクティブツイン。客室内にオーシャンビューの温泉風呂が設えられている

本誌でも、これまで機会あるごとに取り上げてきた「ひらまつ」。1982 年の創業以来、フランス料理やイタリア料理を通じて洗練されたヨーロッパ文化を日本に普及させた功績は、いまも高く評価されている。

そんな「ひらまつ」が近年情熱を注ぐのが、“滞在するレストラン”としてのスモールラグジュアリーホテル事業。今回紹介する賢島(三重・伊勢志摩)に加え、静岡・熱海、神奈川・箱根、沖縄・宜野座の4軒を展開するが、すべては2016年に直営1号店として開業した、ここ「ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ 賢島」から始まった。

フランスのオーベルジュに範をとった、ゆっくりと美食を楽しみながら豊かな自然の懐に抱かれて過ごすスタイルは、連泊してこそ存分に堪能できるというもの。そして「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 賢島」には、かつて皇室や朝廷に食材を献納する御食国(みけつくに)と呼ばれた伊勢志摩の、豊かな山海の幸を用いた美食は言うに及ばず、温泉やスパでのリラクゼーション、近隣の提携ゴルフコースでのラウンドというアクティビティ、そして何より、2016年のG7伊勢志摩サミットで世界の首脳陣を魅了した英虞湾の多島美が、いつでも目の前にあるのだ。


英虞湾に優しい光を灯して浮かび上がる「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 賢島」

そんな夢のひとときを優雅に演出してくれるのが、国内外で活躍する著名デザイナー森田恭通氏による、モダンでいて、かつ落ち着きのある上質な天然素材(ファサードのブロンズ、大理石などの各種石材、ウォールナットをはじめとする多種多様な木材など)で設えられた格調高い空間。その繊細な素材の使い分けやあしらいは、今村将人料理長の手がける芸術的な料理にも通ずるものがある。

芸術といえば、滞在中は館内随所の壁面に加え、客室内にも贅沢に飾られた現代アート作品にも注意を払っておくことをおすすめする。あらゆるものにおいて本物にこだわる「ひらまつ」の流儀として、アートのセレクションにも抜かりがあろうはずはない。例えば東山魁夷や草間彌生など、新旧のアーティストの作品に囲まれて過ごすひとときは、きっとインスピレーションを与えてくれるはずだ。

気軽に出かける「いつもの」週末旅行もいいが、東京からの移動時間を考えても、ここには少々慌しすぎるしもったいない。日頃忙しく働くエグゼクティブこそ、次にまた頑張るためのリフレッシュとなり、インプットとなるリゾート時間を、大切な人とともにゆっくり過ごすことも必要なのではないだろうか。「休む」の先にチャージのある連泊旅をぜひお薦めしたい。


英虞湾を望むプライベートダイニング。刻々と表情を変える多島美を眺めながらゆっくりと食事が楽しめる

text by Shigekazu Ohno(lefthands) | photographs by Isamu Ito(lefthands)

VOL.14

忙しいエグゼクティブにこそおすすめしたい連...

VOL.16

別府の雲海に触れ、アートに巡り合う旅人になる

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい