Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

ファッション雑誌販売部数トップシェアの宝島社が2013年10月に発売した、書籍『まんがでわかる7つの習慣』が、今年に入り昨対211%(※)と大きく販売部数を伸ばしており、8月の重版をもって96万部を突破。9月に予定している重版により100万部を突破する見込みだ。

本書は、世界で4000万部を突破した、経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィーの著書 『7つの習慣』(FCEパブリッシング)を初めてまんが化したものだ。また現在、ビジネス書・自己啓発書から実用書まで幅広いジャンルで各出版社から刊行される「まんがでわかる」シリーズの草分け的存在でもある。

『まんがでわかる7つの習慣』では、主人公をバーテンダーを目指す23歳の女性に設定し、修業の中で、自分の生き方や考え方を変えながら成長していくストーリーに、『7つの習慣』の要点を織り込み、わかりやすく簡潔に解説。

女性も手に取りやすいタッチのイラストを採用し、さらに定価を1000円(税抜)という値段に設定したことで、男性読者が多いビジネス書というジャンルにもかかわらず、女性読者が5割以上(※)を占めているという。『7つの習慣』完訳版が難しくて挫折した人や、興味はあったがまだ読んだことがなかった人はもちろん、新たに女性読者を開拓できたことがヒットの要因と考えている。

また、昨対200%超で伸びている背景には、新型コロナウイルスの影響でこれまでの価値観が大きく揺らぐなか、「人はどう生きるべきか」を問う『7つの習慣』のようなコンテンツが求められていることや、テレワークにより自宅で過ごす時間や自分を見つめ直す時間ができたことも要因になっているのではないかと考えられる。

宝島社は今後も、企業理念「人と社会を楽しく元気に」のもと、より多くの読者に喜んでいただける価値のあるコンテンツを企画・提供していきたいと考えている。
※日販オープンネットワークWIN、WIN+より(2020/8/3調べ)

7つの習慣の書影
『まんがでわかる7つの習慣』
発売:2013年10月11日
定価:本体1000円+税判型:四六判

担当編集者・宮下雅子(みやしたまさこ)の言葉


社会で価値観の大転換が起きるとき、人は自分の足元を見直す作業をはじめます。いわゆる「原点回帰」です。

編集者宮下の写真

時流に乗ったマニュアルではなく、「これからどうやって生きていくか」「自分にとっての幸せとは何か」「時間がかかってもよいから、どういうスキルを身につけるのがよいか」といったことを人は追い求めていきます。そのようなニーズに『まんがでわかる7つの習慣』というのがうまくフィットして、需要増につながっているのではないでしょうか。

「新しい生活様式」「テレワーク」など、ニューノーマルな生活スタイルも推奨され、自宅での生活、自分を見つめなおす時間ができたことも、本を読んでいただく要因になったと思います。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ