Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


いかに新しい価値観を提示し続けるか──。そのマインドはファッション領域にとどまらず、黒石は7月、新たな分野への挑戦を表明した。

バーチャルインフルエンサー事業を運営する1SECの宮地洋州CEOとともにアイクリームのD2Cブランド「ローワン(LOWAN)」を展開。黒石はクリエイティブディレクターとして、商品パッケージやSNS運用を担っていく。



これまでにない化粧品業界への進出。迷いはなかったのかと聞くと、黒石は毅然とした口調で「服作りと同じだ」と語る。

「あらゆるプロダクトも服のデザインと一緒。先述した“バランス”が要諦なのではないかと考えています。日ごろ製品を眺めていると、『これオシャレだけど、機能性がいまいちだよなぁ』と思うことがあるんですが、その逆も然り。そんな批判的視点をプロダクトに押し込み、デザイン性と機能性を兼ね備えた製品を目指しました。原価率は高いんですが……美容医療の先生を交えて、どの製品にも負けないものを目指しました」

「バランス」の思想は、パッケージにも表現されている。「実は引き出し状に開閉できる形になっていて。LOWANを使い終わった後も、おしゃれな小物入れとして使ってもらえるような機能性を目指しました」と黒石。



領域が変わろうと、目指す場所は変わらない。会社員時代に培った、自ら求める要素を素直に製品に落とし込める消費者視点が、黒石の武器だ。最後に、今後のことを聞いてみた。

「自分を育ててもらったファッション業界を盛り上げていけるアクションを起こしていきたいですね。といっても、大きなビジョンを持ちすぎるのではなく、地に足をつけてやっていくのが自分のやり方なのかなと。振り返っても、独立したばかりの頃、自分の部屋で梱包して配送して……と必死に作業をしているときが一番楽しかった。夢中で走り抜けるなかで、気づいたときには違った地平に辿り着いているような、そんな風に前進していきたいです」

文=半蔵門太郎 写真=小田駿一 リタッチ=上住真司

PICK UP

あなたにおすすめ