for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、7月5週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

ビービット


調達額:25億円
調達先:経営共創基盤 / SMBCベンチャーキャピタル / THE GUILD / Yosemite / ごうぎんキャピタル / チェンジ / マシュマロ / 大分ベンチャーキャピタル / 山陰合同銀行 / 常陽産業研究所 / 電通グループ
備考:他金融機関からの融資を含む、電通グループと資本業務提携

デジタル行動観察ツール「USERGRAM(ユーザグラム)」や広告効果測定ツール「WebAntenna(ウェブアンテナ)」を運営する企業。

「USERGRAM(ユーザグラム)」はウェブサイトなどで利用者の行動を分析するソフトウエアだ。PC・スマホ・アプリからリアルチャネルにおける行動を計測し、行動の順序や流れ(シーケンス)に着目したデータ活用により、ユーザの"状況"を捉えることができる。2020年7月時点で導入実績は300社以上にのぼる。

「WebAntenna(ウェブアンテナ)」は各種広告の正しい貢献度を簡単に評価できるのが特徴だ。刈り取り以外の広告強化を可能にすることができる。「WebAntenna(ウェブアンテナ)」も大手からベンチャー企業まで、幅広い業種・業界で利用されており2020年7月時点で導入実績は600社以上にのぼる。

2020年7月末には、経営共創基盤などから25億円の資金調達を実施。この調達を通し、「USERGRAM(ユーザグラム)」の開発に資金を充て、2021年を目途に中国と台湾で海外展開に乗り出す予定だ。

DeepX


調達額:16億円
調達先:スパークス・グループ / フジタ / SBIインベストメント / 経営共創基盤

AIを活用した機械自動化や現場作業自動化の支援をおこなう東京大学発のスタートアップ。

同社はこれまで建設や食品加工、農業や物流などの幅広い産業を対象として、AIソリューション開発をおこなってきた。現場の課題解決に向け、課題の分析や開発設計、開発と導入までを一気通貫で担当する。

これまでの開発実績として、最先端のディープラーニングによる画像認識技術や強化学習技術を駆使し、土木作業における油圧ショベルによる掘削作業の自動化や、パスタの食品加工作業における、盛り付け機器のアームをAIで制御することによる作業の自動化などが挙げられる。

2020年7月には、スパークス・グループ、フジタ、SBIインベストメント、経営共創基盤を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額16億円の資金調達を実施した。

この調達により、エンジニアや計算資源を中心に投資し、認識技術や制御技術の少数データでの開発可能性や、実空間での頑健性、汎用性などを追及していく方針だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ