I travel the world, reporting on inspiring people and places.

Christopher Furlong/Getty Images

航空会社の多くは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により提供するサービスを削減している。だが旅客機利用の需要増大を目指すエミレーツ航空は、乗客の安心感を増大させる新たなサービスとして、乗客全員への新型ウイルス保険の無償提供を始めた。

エミレーツ航空を使った旅行中に新型ウイルスに感染してしまった場合、同社の保険から医療費や隔離費用、さらには死亡した際の遺体の本国送還費用や葬式費用がまかなわれる。保険は2020年10月31日まで全てのエミレーツ便に自動で適用され、全ての乗客に無償で提供される。保証内容は太っ腹だ。最初のエミレーツ便に乗った時点から31日間有効で、そこから別の都市に移動した場合も対象となる。

このコンセプトは、キプロスが打ち出したキャンペーンと似ている。同国は、滞在中に新型ウイルス感染が確認された外国人観光客の滞在費を全額負担すると約束している。一方、カンボジアはこれと正反対の方針を取っており、パンデミック中に同国に旅行する観光客に対してなんと3000ドル(約31万円)の旅行保証金を請求している。同国に旅行中、新型ウイルスに感染した場合、保証金から医療費や葬式の費用が引かれることになる。

エミレーツ航空はパンデミック発生中も一貫して強気の姿勢を取ってきたが、予防策も講じ、乗客の搭乗時には入念な健康チェックを行っている。同社のウェブサイトによると、「ドバイ発着便の全ての乗客は(乗り継ぎ便の乗客も含め)、新型コロナウイルス感染症の検査で陰性となった証明書を持参しなければ搭乗できない」という。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい