Close RECOMMEND

Luis Alvarez /Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大によって、企業は試練の時を迎えています。多くの場合、過去の延長線上では、ビジネスの成長や進化の見通しが立てづらい状況になっており、事業変革が急務となっています。

しかし裏返せば、これまでの価値観が強く揺さぶられているいまだからこそ、未来へと挑戦していく人々にとっては、最大のチャンスであるように思えてなりません。

そんな状況のなかで、とても参考となる「守破離(しゅはり)」という考え方についてお伝えしたいと思います。変化の時だからこそ、私たちが心にとどめるべきヒントが込められています。

日本企業の衰退の大きな要因


昭和の時代には、日本では多くの企業が生まれ、いくつもの企業が世界でも知られる大企業となっていきました。一方、平成の時代では、そのような大きな企業はほんのわずかしか生まれませんでした。もちろん、昭和が約61年間、平成が約30年間と長さの違いがあるため、単純に比較するのは適切ではないでしょうが、昭和の終わりから平成の始まりにかけてのいわゆる日本経済のバブル期(1986年〜91年)には、多くの日本企業が時価総額で世界ランキングの上位を占めていました。

しかし、今日では、米国のGAFAや中国のIT企業など、1990年以後に創業された企業が数多くランキング入りしている一方で、日本企業はほとんど入っておらず、寂しい限りです。

この日本企業の衰退については、多くの要因があると思いますが、以前は企業の中に自然と根付いていた「守破離」という経験と思考のプロセスが、著しく欠けてしまったことが最大の要因であるのではないかと、私は考えています。

ビジネスにも役立つ「守破離」の考え方


「守破離」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。武道や芸術の世界において師弟関係のあり方について使われる言葉ですが、これがビジネスの世界においても重要なキーワードになると考えています。

この言葉は、1500年代の戦国時代から安土桃山時代の茶人として知られる千利休が詠んだ「規矩作法 りつくしてるとも るるとても本を忘るな」という和歌に由来するものと言われています。つまり、師匠からの教えを「守る」フェーズが最初で、その次に師匠の型を「破り」型を産み出すフェーズに移行し、最後にその自らが創造した新しい型を持って師匠から「離れる」ことを示したものとされています。

この「守破離」という言葉を、ビジネスに当てはめて考えると、なるほどと納得できるものがあるのです。社会人となって上司から仕事の基本を学び、自身で業務を勤め上げることができるようになることが「守」。上司から学んだ基礎のうえに、創意工夫して独自の仕事のスタイルを確立させ、自身の意思で方向性を決めていくことが「破」。そして、さらに自身のスタイルを前進させ、上司から完全に独立し、独自の価値提供をできる存在になることが「離」。まさにぴったりとくる言葉なのです。

私が「守破離」という言葉に出会ったのは、社会人になった頃に手にした日本武道に関する書籍であったと記憶しています。その後しばらくの間は「守破離」について考えることもなく過ごしていくのですが、ゲームプラットフォーム開発責任者に就任した頃にこの言葉の意味を実感として捉えることになりました。

ゲームプラットフォームのフルモデルチェンジというのは、5〜6年に一度の頻度で、発売後10年の寿命を見通す必要がある大事業。これまでのモデルの良いところを学び、踏襲しつつ、新たな価値提供の創出する、まさに「守破離」を体現するようなものです。

検討する際には、つい時流やトレンドを過剰に意識してしまうものですが、私たちはむしろ創業当時からの歴史を振り変えることからはじめました。そして、ゲームプラットフォームのアイデンティティを明確に定義し、そこから開発を始めたのです。

これは、当時の社長が「子は親を超える義務がある」と「守破離」に通じる教えを常々発していたことに触発されたものでもあります。親を超えるには親を知る必要が自ずと出てくるのです。

今振り返れば、当時のゲーム業界は大きなターニングポイントにあったと思います。ネットワーク環境が飛躍的に進化し、オンラインを利用したコンテンツ配信やサービス提供が非常にスムーズにできるようになったことで、開発の幅が広がっていたからです。

しかし、そんな時流のなかでも私たちは、新技術だけに着目するのではなくて、創業以来の「ゲームを楽しむ」体験をより豊かなものにするという信念を見つめ直しました。「親を超える」ための新たな要素を創造し、新たな価値を提供するに至ったのです。

結果として、従来の光ディスクを使ったパッケージコンテンツに加えて、世界規模でのネットワーク配信インフラを構築、ネットワークコンテンツの提供をも実現することができました。

こうしてできたプラットフォームが、創業当時を遥かに上回る事業規模と収益規模となったのは嬉しい限りです。このような成果が達成できたのは、まさに「守破離」の考え方が私だけではなく、当時のチームにも深く浸透していたからだと考えています。

文=茶谷公之

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ