Close RECOMMEND

世界が直面する課題の解決方法

デジタル化が進むアフリカでは、労働者のスキル不足が事業への足かせとなっている(Getty Images)

アフリカではスキル獲得のための教育資源の乏しさが、事業への足かせとなっています。教育を改善するための4つのアイデアを世界経済フォーラムのアジェンダからご紹介します。


・ポストコロナの世界では、アフリカで最も差し迫った問題に対して、インテリジェントでデータ駆動型の解決策を見つけることがこれまで以上に急務となるでしょう。
・モノのインターネット(IoT)、AI(人工知能)、ブロックチェーン技術、ビッグデータなどの第四次産業革命(4IR)技術が、アフリカ大陸の多くの分野におけるデジタルトランスフォーメーションを急速に発展させています。

適切なスキルや知識を培うための4つの方法


世界銀行によると、2015年から2100年の間の世界の人口増加の83%はアフリカにおいて生じると考えられています。言い換えれば、2100年までに、地球上の3人に1人がアフリカに住んでいるという状況になるのです。資源や土地、そして適切な医療に至るまで、あらゆる面における需要が指数関数的に増加すると予測されています。

ポストコロナの世界では、最も差し迫った問題に対して、インテリジェントでデータ駆動型の解決策を見つけることがこれまで以上に急務となるでしょう。アフリカの各政府が新型コロナウイルス感染拡大がもたらした危機への即時対応に追われる中、未来、そして経済回復がどのような形になるかという点にも同時に注目が集まっています。

デジタル化が様々な産業にもたらす潜在的なメリットは、ますます明らかになってきています。モノのインターネット(IoT)、AI(人工知能)、ブロックチェーン技術、ビッグデータなどの第四次産業革命(4IR)技術が、アフリカ大陸で多くの分野におけるデジタルトランスフォーメーションを急速に発展させています。しかし、政府や教育者たちがまず人びとに教えなければならないのは、人は生涯にわたって学習を続けていくべきだということ。さらに、人びとがその過程で身につけたスキルを奨励し、認識し、評価する新しい方法を見つける必要があるでしょう。

世界で最も若い人口を抱える(サブサハラアフリカの人口の60%以上が25歳未満)この地域では、これから社会に出ていく新世代のアフリカの人たちが適切なスキルを身に着けられるよう、教育への十分な投資が不可欠です。

世界経済フォーラムが2017年に発表した、人的資源に関する新しい指標「ヒューマン・キャピタル・インデックス」によると、アフリカ地域全体の雇用者は、労働者のスキル不足が事業の足かせになっていることをすでに認識しています。その割合は、タンザニアの全企業の41%、ケニアでは30%、南アフリカでは9%、ナイジェリアでは6%でした。

教育省は、スキルを修得する方法を再考する必要があります。そして、政府やコミュニティも新興技術のスキルや知識を開発する方法を、新たな視点で見直す必要があるでしょう。ここでは、アフリカの各政府にとって参考となるいくつかのアイデアを紹介します。

文=Nadia Hewett, Project Lead, Blockchain and Distributed Ledger Technology, World Economic Forum

VOL.17

「幸せを築く人を、幸せに」建築産業のDXを推...

VOL.19

プロフェッショナルギルドがデザイン経営で取...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ