Close RECOMMEND

Fredy us / Shutterstock.com

中国のシャオミは7月15日、同社のスマートバンド製品の第5世代モデル「Mi Smart Band 5」をグローバル向けにアナウンスした。この製品は中国では「Mi Band 5」として発売済みで、欧州での価格は39.99ユーロ(約4900円)となる(日本での発売はアナウンスされていない)。

Mi Smart Band 5は求めやすい価格で最新の機能を搭載したスマートバンドで、バッテリー駆動時間が最大14日間となっている点も魅力的だ。このデバイスは、睡眠モニタリングに対応し、心拍や歩数、エクササイズのカロリー消費量の測定に対応する。さらに、シャオミの「Mi Fit」アプリと連携可能で、スマートフォンからの通知を受けることもできる。

ただし、Mi Smart Band 5には搭載が期待された一部の機能が省かれている。このデバイスは酸素飽和度(SpO2)測定に対応せず、GPSや音声アシスタントに非対応だ。また、NFCを用いたモバイル決済も非対応となっている。

シャオミは第5世代目のスマートバンドに従来より大型化した1.1インチのAMOLEDディスプレーを搭載し、視認性を高めている。心拍センサーの精度も既存モデルを50%上回る。防水性能も5ATM(5気圧防水)に対応しており、着用したまま泳げるとシャオミは述べている。

また、合計11種類のエクササイズの運動量測定が可能だ。

上記のような観点から、シャオミのMi Smart Band 5はスマートバンドを初めて購入する人には絶好のデバイスの一つだと言える。しかし、テクノロジーに関心の高い人であれば、競合製品も検討したいところだ。ファーウェイのHuawei Band 4 ProやHonor Band 5などが、シャオミのライバル製品だ。

特に、GPSを搭載したHuawei Band 4 Proはジョギングを行う人に推薦できるデバイスだ。また、Honor Band 5はMi Smart Band 5よりも安価な点が魅力的だ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ