Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

今秋に正式リリースが予定されているiOS 14のパブリックベータが公開された。iPhoneの体験を大きく変えそうな5つの進化に注目する。

アップルが今秋に無料のソフトウェアアップデートとして提供を予定するiOS 14のパブリックベータが公開された。iPhoneによる体験を変える新機能の一部を試したファーストインプレッションを報告しよう。

iOSのパブリックベータは正式リリース前に開発中のソフトウェアを一般公開し、多くのユーザーに試用協力を得ることを目的としている。Apple Beta Software Programに登録すれば誰でもiPhone 6s以降の対応端末にインストールして無料で試せる。

ただし、あくまで開発中のソフトウェアであるため動作が不安定な箇所があったり、インストール後に予期せぬ不具合が発生する場合もある。現在メインとして使っていない古いiPhoneなどサブ機を用意して、これに導入して試すことをおすすめしたい。

※なお本記事中で紹介するiOS 14パブリックベータの画面は取材に基づく特別な許可を得て掲載している。

1. iPhoneにたまる一方の情報・アプリの整理整頓が楽になる


初期パブリックベータを試用して、筆者は次に挙げる5つの点でユーザー体験の変化に注目した。

ひとつはホーム画面の整理整頓が容易になることだ。近年はiPhoneのディスプレイが大型化して画面占有率も上がり見やすくなった。すると気が付かない間に、ホーム画面が無数のアプリで埋め尽くされて雑然としていることがある。

iOS 14では新規にインストールしたアプリを種類・目的別に自動分類して、ホーム画面をスワイプした最後のページにまとめてくれる「Appライブラリ」が加わった。新規に追加したアプリはホーム画面に表示させず、Appライブラリからのみ参照できるようにする機能もできたので、ホーム画面はかなりすっきりと整理できる。

Appライブラリのカテゴリ分類が例えば「エンターテインメント」のようにややざっくりとしているので、「動画」と「音楽」のように細かく分けてアプリを管理したい場合は従来からある「フォルダ」分けの機能を併用するといいだろう。


インストールしたアプリをホーム画面に表示せずに「Appライブラリ」だけに並べることもできる。Appライブラリのカテゴリー分類は比較的ざっくりとしているので、例えばエンターテインメントは動画と音楽、テレビなどを分けてアプリを管理したい場合は「フォルダ」を使うといい。

「ウィジェット」もデザインを一新した。ウィジェットのカードには情報が全面に表示され、カードのサイズも大中小から選んでホーム画面に配置できる。天気やニュース、フィットネスなど各アプリを起動しなくてもホーム画面を一瞥するだけで情報が確認できてよい。あとはサードパーティーのアプリやサービスもウィジェットとして数多く揃えたい。


ホーム画面の中にデザインが一新された「ウィジェット」が配置できる。

文=山本敦

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい