Close RECOMMEND

JALならではの切り口で観光地や旅の楽しみ方を紹介するWebマガジン


Q. 機内の毛布にウイルスが付着していないか不安です


A. 一部ご提供を中断し、使い回しを行わないようにしています

バックヤードでチェックするCA

現在、国内線ではリクエストに応じてお貸ししていた毛布や枕のご提供を中断しております。またファーストクラスは、お客さまのご搭乗ごとに毛布をすべて新しいものに入れ替えています。確実に個包装されたものをご提供し、使い終わったら必ずクリーニングを行っています。

Q. 機内に除菌グッズはありますか?


A. 共用の除菌スプレーのほか、除菌シートをご用意しています

除菌スプレーを設置する様子

「すべてのラバトリーには、必ず手指用の除菌スプレーを配備しています。また個包装の除菌シートもご搭乗時に自由にお取りいただけます」

Q. 機内でマスクをしていない人がいないか、心配です


A. 客室乗務員もお客さまも、マスクの着用を原則とさせていただいております

マスクの着用をチェックする様子

「お客さまに対しては、体調や身体上の理由で問題がなければ、マスクの着用を強くお願いしております。もちろん客室乗務員も乗務中は必ずマスクを着用しています。加えて、飲み物をご提供する際などのために、客室乗務員は乗務の前にビニール製の手袋をピックアップできるようにしています。機内に搭乗するスタッフはすべて、乗務前に必ず体温を測っています」

Q. 感染防止対策のために変更されたサービスはありますか?


A. 客室乗務員との接点を減らすために、さまざまな取り組みを行っています

ログブックの代わりに提供されるカード

「上記の施策に加えて、たとえばお手荷物は原則的にお客さまご自身で入れていただいております。QRコードを読み取っていただく都道府県スタンプも行っていましたが、こちらも一時中断しています。また旅の思い出作りにご好評いただいておりましたログブックのお預かりも中断し、リクエストをいただいた場合はご用意した紙をご提供するといった工夫を凝らしています。ご不便をおかけいたしますが、リスクを減らすために、客室乗務員との物理的な接点を減らしております」

Q. 機内は消毒されていますか?


A. 各空港で、その日のフライトを終えた機内を消毒しています

消毒のためのシートの拭き掃除の写真

「基本的にお客さまが触れられる場所すべてを消毒しています。特にシートベルトや肘掛け、モニターやリモコン、テーブル、荷物の収納スペースのほか、客室乗務員の作業場であるギャレーも消毒を行っています」

ラバトリーの清掃の様子

「飛沫しやすいラバトリーは特に念入りに消毒を行っています。トイレットペーパーホルダーのフタやゴミ箱の開閉口など、お客さまが手を触れる場所を重点的に行います」(松本)

説明する松本氏の写真

文=OnTrip JAL

新型コロナウイルス特集
VOL.525

新型コロナ感染対策としての「検温」の効果が...

VOL.527

インスタが「クラウドファンディング」導入、...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ