Close RECOMMEND

JALならではの切り口で観光地や旅の楽しみ方を紹介するWebマガジン

.

コロナ禍の影響が生活のさまざまなところに及ぶなか、飛行機のご利用にも不安が伴うことでしょう。JALでは2月の感染拡大以降、できることをすべて迅速に行う姿勢で対策を講じています。機内における取り組みについて、皆さまの疑問やご不安に、客室乗務員のサービス統括を行う高木治江と、機内清掃と消毒を行うJALグランドサービスの松本美希がお答えします。

JALグランドサービス松本氏の写真

Q. 機内の空気は清潔に保たれていますか?


A. 2~3分に一度、清浄フィルターを通してすべての空気が循環しています

キャビン空気孔の写真

「飛行機のキャビン内はたえず換気を行っていて、2~3分ですべての空気が循環します。またJALの飛行機にはすべて高性能空気清浄フィルターが備わっており、常に清潔な外気を取り入れています。飛行機は、実はもっとも空気が清潔に保たれている交通機関なのです」(高木)

Q. 乗降時の行列や混雑が心配です


A. 一度の搭乗案内を制限するなど、行列防止策を講じています

ゲートインする乗客の写真

「ご搭乗時には、お客さまを10~20人の少人数ずつ改札機へご案内しています。こうすることで行列が避けられ、機内でも人の流れに滞留が起こりにくくなるのです。また降機時には、普段ですと行列ができがちです。そのため、『ソーシャルディスタンシングを保ちつつ、ゆっくりとお降り下さいますようお願いいたします』と機内でご案内しております」(高木)

Q. 機内食や飲み物など、口に入れるものは安全ですか?


A. ご提供方法に工夫を施しています

飲み物提供サービスの様子

「お飲み物は紙パック入り飲料のものなど、原則的に個包装のものをご提供しています。国内線ファーストクラスではお食事も提供しますが、お食事はフタをしたままお出しし、お客さまに取っていただく形式に変えました。また、パンはアルミホイルでくるまれた状態で温めてご提供しています。さらにグラスやコーヒーカップは使い捨てできるものにしたほか、お客さまにお配りするおしぼりは、布から個包装の紙のものに変えました。そして、沖縄線ではアイスクリームやビール、ノンアルコールビールの販売をしておりますが、現在これも中断しています」

文=OnTrip JAL

VOL.525

新型コロナ感染対策としての「検温」の効果が...

VOL.527

インスタが「クラウドファンディング」導入、...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ