Close RECOMMEND

Emmanuel Wong/Getty Images

新型コロナウイルスは元々、動物から人間に伝染したものだ。SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)を引き起こしたウイルスも同様だ。

現在では、新型コロナウイルスが人からペットなど他の動物に伝染することを示す証拠が多くある。感染者が増えるほど、永続的な動物の病原巣が作られるリスクが高まり、数世代にわたる脅威となるかもしれない。

人間は、新型コロナウイルスを他の動物に感染させることができる。新型コロナウイルスは、人から猫や犬、ライオン、トラ、ミンクに伝染する可能性があるのだ。感染したトラは、ウイルスをライオンにうつすことができる。また、ミンクは同ウイルスを互いに感染させることができ、コロニー全体に壊滅的な影響がもたらされかねない。

少なくとも一部の動物は、人間に直接ウイルスを戻すことができるようだ。私はこれを、感染のピンポンと呼んでいる。

オランダでは今年4月初め、少なくとも2つのミンク飼育場で大規模なウイルス感染が起きた。ウイルス遺伝子の配列分析からは、新型コロナウイルスが飼育場内で非常に急速に広まり、別のケージに飼育されていた動物の間にさえ伝染していた一方、異なる飼育場の間ではまん延しなかったことが示された。

その後の研究では、ミンク飼育場の中や周囲にいた猫もウイルスに感染していたことが示された。全ての猫がミンクの排せつ物や呼吸による飛沫(ひまつ)に接触して感染したのか、それとも互いの接触で感染したのかは分かっていない。

その後、今度はミンク飼育場の労働者2人が感染していたことが分かった。ゲノム解読からは、感染したミンクからウイルスが人に戻ってきたことが立証された。

種の間でウイルスをうつし合うことの悪影響は何だろう? 新型コロナウイルスは、ミンクや飼い猫、飼い犬、フェレット、ハムスター、トラ、ライオン、コウモリ、マカクザルに伝染する。豚やネズミ、ドブネズミへの感染の可能性を示す証拠もあり、こうした動物と密接に関係している野生動物(コヨーテや野犬、野生の猫科の動物、イノシシ、センザンコウ、ジャコウネコなど)も感染の可能性がある。時間がたてばこのリストに載る動物も確実に増えるはずだ。

翻訳・編集=出田静

VOL.508

新型コロナウイルスを自宅で検査、米英などで...

VOL.510

航空機の中央席を空ければ「感染リスクは半減...

PICK UP

あなたにおすすめ