Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン編集部 エディター


綺麗やかわいさに正解はなく、人それぞれのカラーがある


韓国での人気はもちろんのこと、日本でも、2018年3月号の雑誌「S Cawaii」の表紙出演を皮切りに、「ViVi」での短期集中連載、東京ガールズコレクションなど日本のファッションショーにも出演するなど、モデルとして活動の幅を広げていったテリ。そんな彼女が次なる挑戦として、新たに始めたのがコスメブランド「CILY」のプロデュースだった。

「コスメブランドのプロデュースを始めることにしたのは、自分が使ってみて、経験してみて本当によかったと思うものをみんなと共有したい、と思ったのがきっかけでした。だからこそ、その思いをきちんと反映させた商品を作るように気をつけています」(テリ)

ブランドのテーマは“Color+Imagine+Love+Yourself”。これには「⼦どもの頃、ママがメイクする姿を⾒てコスメに興味を持った私のように、このコスメが誰かにとっての⾃信や笑顔に繋がったらいい」というテリの思いが込められている、という。



「綺麗やかわいさに正解はないですし、自分らしさも決められないものだと思っています。だからこそ、CILYには人それぞれのカラーがあって自分自身を愛して、という意味を込めてます」(テリ)

2020年3月には一部を除く、全国のロフトで取り扱いをスタートさせるなど、順調なスタートを切っている。

「CILYは初めてのブランドだったので、『もっとこうすればよかった』と思うところも多々ありますが、韓国だけでなく、日本や台湾など様々な国でも販売できるようになって本当に嬉しかったです。まだまだ作りたいものもたくさんありますし、やってみたいこともたくさんあります。今後もみんなに共感していただけるような商品をお届けできるように頑張っていきたいと思います」(テリ)

衣類や小物などのプロデュースもやっていきたい




そして先日、パーソナライズヘアケア『MEDULLA』とコラボし、自身がカスタマイズした処方のヘアケアセット『TAERI SPECIAL HAIR CARE BOX』を発売している。このコラボについて、テリは「MEDULLAのブランド哲学と、CILYに込めている想いが一緒で自分のイメージと合っていたのでコラボすることにした」という。

また、開発にあたって“こだわったポイント”について、「しなやかでツヤツヤな髪質が理想なので、それを重視した処方を選びました。また、香りも大事だと思うので私が好きなフローラルの香りにしました」と語ってくれた。

この5年でアジアの女性から熱烈な支持を集め、次々に活躍の場を増やしているテリ。彼女はひとりの女性として、今後どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのか。



「おばあちゃんになっても、少女のように無邪気でかわいらしい女性でいたいです。ナチュラルな感性の愛おしいメイクが似合う“テリおばあちゃん”になりたいと思っています(笑)。また仕事に関してはコスメだけでなく、衣類や小物など、いろんなジャンルの商品にも自分の好みと思いを込めてプロデュースしていきたいですね」(テリ)

文=新國翔大

PICK UP

あなたにおすすめ