I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.

Getty Images

現在の求人市場では、これまでとは全く異なるキャリアパスを考えることがあるかもしれない。その場合、新たなキャリアの選択肢を模索する特に価値ある方法の一つが、情報収集のための面接だ。

情報収集のための面接では、より学びを深めたい分野で既に働いている人の意見を得つつ、人脈を拡大することができる。また、絶対に公開されることがない隠れた求人さえ見つけることができるかもしれない。

残念なことに、多くの人はこうした会議をどのようにフル活用するかを理解していない。ここでは、情報収集のための面接をうまくこなし、心から満足できるような仕事を得るための戦略を紹介する。

1. 事前調査を行う


準備なしで情報収集のための面接に臨んでは絶対にいけない。話す相手にかかわらず、事前に準備をしておくことで前向きな第一印象を与えたいはずだ。関心を持っている業界や会社、役割について調査し、業界の専門用語や言葉について勉強しよう。

また、面接予定の人についてリンクトインのページを見て調査しておくことも忘れない。そうすることで、相手の経歴について具体的な質問をしたり、共通の関心分野が分かったりするかもしれない。こうした下準備をすることで自信が持て、相手にはより真剣な候補者と思ってもらえるはずだ。

2. 自分や相手の時間を最大限活用する


時間は貴重なものだ。情報収集のための面接は最大30分にとどめること。自分の経歴や求めているものについて事前に簡潔な要約を作っておき、答えてもらいたい特に重要な質問に大半の時間を費やすようにする。焦点からぶれないようにし、話が脱線し過ぎないようにする。

これはビジネス会議であることを覚えておくこと。相手は、あなたが自分のスケジュールの忙しさを意識して焦点がブレないようにしていることを最終的には評価してくれるだろう。

3. 自由回答式の質問をする


面接の前に、知的な質問のリストを作ろう。人の本心を聞く最善の方法は、自由回答型の質問をすることだ。好奇心を持ち、「はい」「いいえ」で答えられるものではなく、「何を」「どのように」などで始まる質問をしよう。

また、課題や苦労、障壁について尋ねることもためらってはいけない。もっと違う決断をしていたらと思うことについても聞いてみよう。あなたの目的は全容図を理解することで、それには良いことも悪いことも、醜いことも含まれる。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい