Close RECOMMEND

I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.


4. 結びの部分を練習する


多くの人は、情報共有のための面接は一度やれば終わりだと考えている。そうではなく、これを長期的な関係の始まりとして捉え、面接官との関係構築に時間を費やそう。

会話を終えたら、他に話ができる人を1、2人推薦してもらえないか尋ねること。そうすれば、価値がある見識を得るだけでなく人脈の拡大を継続できる。自然で予定していなかったように聞こえるよう、どのように言うかを事前に練習しておこう。

「この業界について学びを深めるため、お話しできる人を2人ほど推薦していただけませんか?」とシンプルに尋ねてもよい。何らかの理由で推薦者が出てこない場合は、次のステップとして何をすべきかについての提案を尋ねよう。

5. 長期的な関係性を培う


面接を行った後は、時間を取ってくれたことに感謝する電子メールを送ろう。また、時々近況報告を行い、連絡を取り合うことも忘れない。そうすれば、自分に適しているかもしれないポジションに将来空きが出た場合は、真っ先に思い出してもらえるだろう。

情報収集の面接は採用面接ではないが、この面接をうまくこなせば最終的には夢の仕事につなぐことができる。面接の相手があなたを安心して採用できる、あるいは採用できる人に紹介できると感じられるようにつながりを作るのが目的だ。

面接に完全に失敗しても、不安にならないこと。忍耐強くなろう。情報収集のための面接を多くこなせばこなすほど、求める仕事を得られる可能性が高まる。面接を行い、大胆に行動し、それを最大限活用しよう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ