Close RECOMMEND

ブドウ一粒に込められた思い~グローバル・ワイン講座

英国産スパークリングワイン、ナイティンバーの「1086プレスティージキュヴェ・ロゼ」

冷涼な気候や土壌を活かした、高品質なイギリス産のスパークリング・ワインに注目が集まっている。そのなかでも、先駆者であり最高峰の造り手が「ナイティンバー(Nyetimber)」だ。

ナイティンバーは、ウェスト・サセックス州を拠点に、イギリス南部の各地に畑を持ち、広大な自社畑のブドウから、シャンパーニュと同じ3つのブドウ品種から同じ製法でスパークリング・ワインを造る。1988年に最初のブドウの樹を植えたのが始まりで、イギリスで初めて、この3品種のブドウに限定してスパークリング・ワインを造った生産者であり、最大規模を誇る。

複数の収穫年のブドウをブレンドして造るマルチ・ヴィンテージの「クラシック・キュヴェ」は、リリース当初から国際的なワインの品評会でメダルをとるなど、安定して成長しているナイティンバーのフラッグシップだ。

ナイティンバーは、2006年に現オーナーであるエリック・ヘレマ氏の手に渡った。そこから畑を拡大し、設備に投資し、品質を維持しながら生産量を増やし、国際的な認知度を高めてきた。まさに、イギリスのスパークリング・ワインを牽引する存在だ。


クラシック・キュヴェ

カナダ人の醸造家夫婦


ナイティンバーの品質を支えているのは、醸造責任者のシェリー・スプリッグス氏と、夫であり、醸造家のブラッド・グレイトリックス氏だ。スプリッグス氏は、2018年に、「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」で、シャンパーニュ地方以外で初めて、かつ女性で初めての「スパークリングワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した実力者である。

カナダ人のふたりがナイティンバーに参画したのは2007年。それ以前はカナダを拠点に、オーストラリアなど様々な場所でワイン造りをしていた。

あるとき、イギリス出身のスプリッグス氏の父からのギフトでナイティンバーのワインを飲む機会があり、その素晴らしさに感銘を受け、すぐさまワイナリーの代表メールアドレスにその思いを送信したという。

オーナーとの面談のあと、2週間後にはイギリスに引っ越し、仕事を始めたのだ。オーナーもふたりの情熱と可能性に、将来のナイティンバーの姿を描いたのだろう。

「学生時代に醸造学を勉強していた頃から、スパークリング・ワイン造りには興味を持っていました。ナイティンバーでの仕事は、まさに私たちのドリーム・ジョブです」

グレイトリックス氏はこう話してくれた。


醸造家のブラッド・グレイトリックス氏と、醸造責任者のシェリー・スプリッグス氏

文=島悠里 写真=ワイナリー提供

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい