Close RECOMMEND

Under30フランチャイズ、テクノロジー、企業家を担当。

インスタグラム共同創業者のケビン・シストロム(Getty Images)

新型コロナウイルスのパンデミックが米国を襲い、人々が自宅待機を余儀なくされる中で、インスタグラムの共同創業者のケビン・シストロムは、感染拡大を把握するための正確なデータが不足していることに不満を高めていた。

シストロムはその後、自らの手でデータをトラッキングするサイトを立ち上げることにした。「自分がこの国のリーダーだったとしたら、どのようなデータを欲しがるかを考えた」と、彼はフォーブスのZoomのインタビューに対して話した。

シストロムは先日、フォーブスがRocket Mortgageと共同でデトロイトで開催した「アンダー30ハッカソン」のメンターを務めた。リサーチを行う中で彼は、伝染病学の分野で用いられる実効再生産数(Rt)と呼ばれる指標を知った。実行再生産数とは、1人の感染者が平均何人に感染させるかを表す数値だ。

「この数値が1以下であればアウトブレイクは収束に向かうことになる。1より大きい場合は感染拡大が続く事を示す、悪いサインといえる」

現在36歳のシストロムはPython言語を操り、様々な保健機関のデータを収集してカリフォルニア州での実効再生産数を導き出すプログラムを書き上げた。そして他の州のデータ分析も開始した。彼は、インスタグラムの共同創業者でCTOを務めたマイク・クリーガーに電話をかけ、チームを組まないかと持ちかけた。

その後、数理モデルの開発をシストロムが手がけ、サイト構築をクリーガーが行ない、RT.Liveと呼ばれるサイトを立ち上げた。

4月中旬にローンチしたRT.Liveは現在、1日あたり10万人以上に利用され、保健当局やメディア、政府のリーダーらに用いられている。ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモも記者発表でRT.Liveのデータを引用した。

このサイトは米国の各州における感染拡大動向を明らかにし、シャットダウンや経済再開がどのような影響をもたらしたかを把握可能にしている。「政治的バイアスに左右されない、事実に基づいたデータを示していきたいと考えた。それによって、人々が正しい決定を行うことを助けたいと思った」とシストロムは話す。

ただし、彼はこのサイトが、インスタグラムのような巨大なビジネスに成長するのではなく、短命に終わることを望んでいる。「RT.Liveが2カ月ほどでその使命を終え、サイトが必要なくなることを望みたい。本当に心からそう思っている」とシストロムは話した。

編集=上田裕資

VOL.489

iPhone12に大幅な製造遅延の可能性 アップル...

VOL.491

外食産業の苦境鮮明、米国人6割がレストランで...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい