Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン編集部 エディター

プロテニス選手の西岡良仁

世界ランキング48位、日本ランキング2位──錦織圭に続く、日本の男子プロテニス選手として大きな期待が寄せられている、西岡良仁。2020年2月に開催された、ATP250シリーズのデルレイビーチ・オープンでは準優勝し、世界ランキングの自己最高位を更新するなど、世界のトッププレイヤーの仲間入りを果たしている。

最近は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、ATPツアーの中断が続いているが、実は西岡、数年前からテニス以外の活動も行なっている。

2017年6月にユーチューブチャンネル「yoshi’sチャンネル」を開設。テニスはもちろんのこと、テニス選手、トレーニングの方法、食事内容、海外のことについて発信を続け、現在チャンネル登録者数は約2.8万人を記録している。

そんな西岡が、新たにスタートアップへの投資を始める。国内最大級のスポーツメディア「SUPOSHIRU(スポシル)」とD2Cブランド「TENTIAL(テンシャル)」を手がけるTENTIALは7月1日、アカツキ、MTG Ventures、セゾン・ベンチャーズ、西岡良仁を引受先として資金調達を実施したことを発表した。

今後、TENTIALは世界で活躍するアスリートの視点を取り入れ、新商品の開発やグローバル展開へ向けて事業を加速させていくという。

昨今、本田圭佑長友佑都を筆頭に、アスリートがスタートアップへ投資する事例は増えてきているが、なぜ西岡は“投資”の決断を下したのか。その胸の内を聞いた。

怪我をきっかけに、テニス以外の活動も


僕がテニス以外の活動にも興味を持ち始めたのは、今から3年前。2017年に左膝前十字靭帯を断裂し、ツアー離脱を余儀なくされたことがきっかけです。そのときにテニス選手としてテニスだけするだけでなく、もっと他の事もしていかないといけない、と思いました。

ご多分に漏れず、テニス選手もテニス以外のことをしようとすると、「本業に集中しろ」「テニスだけやっていればいい」と言われるのですが、いざテニスができない状況になると、本当に何者でもなくなってしまうんですよね。将来を考えたとき、テニス以外のこともできた方がいいと思い、怪我をきっかけに投資の勉強や、ユーチューブの勉強を始めたんです。

構成=新國翔大、写真=小田駿一、リタッチ=上住真司

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい