Close RECOMMEND

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

Getty Images

iPhoneやMacなどのアップル製品の間でファイル共有を行う場合に便利なツールが、AirDrop(エアドロップ)だ。しかし、アンドロイド端末においては、これまで同様なサービスは存在しなかった。

ファーウェイの端末同士であればファーウェイが独自に開発したHuawei Shareが利用可能だが、異なるメーカーの端末とのファイルの送受信は行えない。

アンドロイドでも利用可能なAirDropに類似した機能としては、NFC通信を用いたデータ転送機能のAndroid Beamが知られていたが、この機能は昨年リリースされたOSのAndroid 10で削除されてしまった。

しかし、グーグルは新たに「Nearby Sharing」と呼ばれる機能を導入し、全てのアンドロイド端末でAirDropと同等の機能を利用可能にする見通しだ。実際のところ、Nearby SharingはアップルのAirDropを上回る、便利なツールになる可能性もある。

この機能はアンドロイド端末だけでなく、Chromebookにも対応する見通しで、ニュースサイト9to5Googleの記事によると、WindowsやMac版のChromeブラウザとのファイルの送受信も可能になるという。

これが事実であれば、アンドロイドユーザーだけでなくMacユーザーにとっても非常に嬉しい報せと言える。これまで、アンドロイドとMacの間でファイルの送受信を可能にするAirDropのようなシンプルな仕組みは存在しなかった。

さらに、Nearby Sharingでは受信する側が毎回機能をオンにしない限り、データを共有できない仕様で、見知らぬ人にわいせつな画像を送りつける「AirDrop痴漢」と呼ばれる行為も防御できる。

Nearby Sharingは、ファイル共有を劇的に改善するツールとして大いに期待できそうだ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい