世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

新型コロナがLGBTQコミュニティに与えた影響は甚大だ(Unsplash)

新型コロナウイルス感染拡大は各業界に経済的な影響を与えているが、職場や生活環境の変化にも繋がっている。特に、LGBTQなど性的マイノリティの人たちが働く環境に影響を及ぼしていることが、LGBTQなどの就職支援を行うJobRainbow(東京都渋谷区・星賢人代表)の調査でわかった。

6月に発表したLGBTQコミュニティへの影響調査では、労働環境や転職活動、就職活動への新型コロナウイルスの影響の実態を調べた。収入面に加え、「安心できるつながりや居場所が失われる」といったメンタル面での深刻な影響も明らかになった。

コロナ禍の直撃した業界で働くLGBTQが3割強


調査が行われたのは緊急事態宣言発動中の4月17〜30日。全国の10〜60代の個人から464人の回答があった。このうち、正社員は46.1%で半数近く、契約社員やアルバイトなども含めて働く人が約7割を占める。

まず注目したいのは、回答者が働いている業界と職種だ。

アンケート回答者のうち32.4%の人たちが、サービス業や小売、飲食、旅行業界などのコロナ禍の大打撃を受けた業界に従事していた。

LGBTQ
LGBTQ

働き方の変化として、以下のグラフのように約30%の人々が「勤務時間の減少」や「リモートワークになった」点を挙げている。新型コロナウイルスの影響で「勤務先を解雇されてしまった」という人が3%いることも見逃せない。

緊急事態宣言

想定年収では、平均53万3000円ダウンが見込まれることが明らかになった。回答者の約7割は、年収400万円未満だった。コロナ禍はLGBTQの人たちの生活を直撃していることが理解できる。

年収

「コロナの影響で就職・転職」が3割強


就職、転職活動中の人はアンケート回答者のうち約4割。そのうち「新型コロナウイルスの影響」で就職・転職活動をしている人は37.8%で、労働条件の悪化や解雇、内定取り消しなどのネガティブな理由を挙げていた。

また、就職、転職活動中の人の27.7%が「LGBTに対する理解のなさ」を就職・転職理由にあげており、職場のLGBTQへの理解不足が人材流出を招いている実態が垣間見える。

就職転職

文=一本麻衣

VOL.463

「不妊治療のバーチャル化」はコロナ後も続く...

VOL.465

感染の「第1波」が終わらないアメリカ、死者は...

PICK UP

あなたにおすすめ