最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

マーク・ディクソン IWG創業者兼CEO

「100年に一度の嵐ですよ」

世界を席巻するコロナ禍についてIWGのマーク・ディクソンCEO(60)はそう話す。シェアオフィス世界最大手の同社は、120カ国1100の都市で3300以上のコワーキングスペースを運営している。

株価が高騰した2月、IWG株の30%を所有するディクソンの資産は20億ドルに迫った。ところがその直後、コロナ渦が襲う。IWGの株価は75%も下落した。

各国で広がるリモートワーク(在宅勤務)は、コワーキングスペース業界にとっては逆風だ。

しかし、ディクソンにはこれを乗り切る自信がある。

じつはIWGはドットコム・バブルが崩壊した2000年代初頭、米国事業が破綻している。以降、同社は慎重に拡大することで経営を再建してきた。また地主に賃貸収入を提供するのと引き換えに、好意的な条件を結ぶなど、不況期に備えてきたのだ。

ディクソンは自らを「パラノイア(偏執症)気質」だと表現する。

「大事なのは、非常時に備えて健全なパラノイアでいることです」


マーク・ディクソン◎シェアオフィス世界最大手IWGの創業者兼CEO。16歳で中途退学し、サンドイッチ製造・配達ビジネスを創業。その後、バーテンダーや酪農家など複数の職業を経て1989年にベルギーの首都ブリュッセルへ移住。同地でコワーキングスペース運営企業「リージャス(Regus)」を立ち上げる。2016年に現在のIWGに社名を変更した。

文=チェイス・ピーターソン・ウィットホーン 写真=レヴォン・ブリス

VOL.17

家族闘争と後継者争いを勝ち抜いた米メディア...

VOL.1

住宅リフォーム向けローンで急成長! やりく...

PICK UP

あなたにおすすめ