Close RECOMMEND

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

Alistair Berg/Getty Images

グーグルのビデオ会議ツール「Google Meet」に、画期的な新機能が追加された──。自宅から会議に参加する際に悩みのタネとなるのが、犬の吠え声や子供の鳴き声、電話の呼び出し音などの家庭内のノイズをマイクが拾ってしまう事だが、グーグルはマシンラーニングを活用したテクノロジーで、気になるノイズを完全にシャットアウトする機能を実現したのだ。

ビデオ会議分野ではZoomやマイクロソフトのTeamsなどが、市場の覇権を争い、機能を向上させてきた。このカテゴリにおいては、画面の共有やホワイトボード、バーチャル背景設定などの様々な進化がもたらされているが、これまでのイノベーションの中心は画面が中心になっていたといえる。

そんな中、マイクロソフトは4月にTeamsにノイズ除去機能を追加すると宣言したが、グーグルも独自のアプローチでGoogle Meetにノイズキャンセリング機能を追加した。

今回のアップデートで、Google Meetはキーボードのノイズの除去に対応したほか、夏の季節に需要が高まるデスクトップ上の小型ファン(扇風機)のサウンドを抑えることも可能にした。

グーグルはCloud De-Noiserと呼ばれる仕組みを開発し、マシンラーニングで余計なノイズを除去しつつ、人間の声をはっきり聞こえるようにする機能を実現した。同社のG Suite部門でプロダクトマネージャーを務めるSerge Lachapelleはデモ映像を作成し、Venture Beatのアカウントからユーチューブに公開している。

Lachapelleが作成した「Google Meet’s noise cancellation feature in action」と題された動画を視聴すると、その機能がいかに優れているかを実感できる。

なかでも印象深いのがポテトチップスの袋のガサガサする音が、Google Meet上で完全に消されてしまう場面だ。Lachapelleは袋をガサガサさせながら話すが、ノイズキャンセリングをオンにすると、ノイズが完全に消え、彼の声だけがはっきりと聞き取れるのだ。

さらにペンをカチカチとさせる音や、グラスをかき混ぜる音なども見事に消えている。また、犬の鳴き声や子どもの泣き声なども消せるという。

Lachapelleによると、彼のチームはスウェーデンと米国のオフィス間でミーティングを重ねる中で、ノイズキャンセリングの重要性に気づき、約1年半をかけてテクノロジーを磨いてきたという。

この機能が追加されるのは現状ではウェブ版のG Suiteのみだが、今後はiOSやAndroidにも対応予定という。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ