Forbes Staff

Photo by Al-Drago-Pool/Getty Images

米国の各地で新型コロナウイルス感染者数が徐々に増加し、同国での流行第2波の恐れが高まる中、スティーブン・ムニューシン米財務長官は11日、ニュース専門局CNBCに対し、米経済活動を再び停止させることは、その影響を考えれば不可能だとの見解を示した。

ムニューシン長官は「再度の経済停止は不可能だ。経済を停止させたらさらに大きな損害を生むことを、私たちは既に学んだ」と言明。影響は経済にとどまらず、医療など「ほかのあらゆるものを停止させる」と述べた。

米国の一部の州では最近、新型ウイルスの感染者が急増している。テキサス州では入院者数が3日連続で過去最多を更新し、1日の新規感染者数も過去最多を記録した。アラバマ州モンゴメリー郡では感染者数が5月頭から6倍以上に増え、モンゴメリー市長は同市の医療システムが「限界に達した」と宣言した。

感染者はフロリダとアリゾナの両州でも急増。CNNによると、新規感染者は22州で増加傾向にあり、20州では減少、8州で横ばいとなっている。米国全体の新型ウイルス感染者数は10日、200万人を突破。ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、死者は11万人を超えている。

翻訳・編集=遠藤宗生

VOL.438

10月に延期の米音楽フェス「コーチェラ」が中...

VOL.440

新型コロナ危機が招く政情不安、世界中に広が...

PICK UP

あなたにおすすめ