世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

日本の新幹線は静かに走る。500円玉も立ったまま・gaijinpotReport

日本を訪れる旅行者が離日後に懐かしく思うこと、「日本滞在中に存分に楽しんでおけよ」と同胞旅行者たちに伝えたいことは何だろう。もしかするとそこに、われわれがもっと愛でながら暮らしてもいい、わが国のささやかな魅力が潜んでいるかもしれない。

米国のメディア「Boredpanda」の記事に、外国人旅行者や在日外国人自らが撮影した、そんな「日本の魅力」を伝える写真が掲載されている。同サイトの協力のもと、数回にわたって転載する。


日本の文化は、われわれ欧米の国々のどことも似ていない。そのユニークさは実に筆舌に尽くしがたいほどだ。

あの日本人生来のとびきりの礼儀正しさ、几帳面さ、勤勉さを、日本以外の国で見た人はいるだろうか?

日本といえば、アニメ、相撲、桜、新幹線などが有名だが、日常生活でも実にさまざまな小さな工夫が凝らされている。驚くほど革新的なトイレ、新鮮な卵の自動販売機、東京の地下鉄のユニークなシステム、なんと「鯉」が群がる排水路など──。だがこれらも、日本文化の魅力のほんの一部にすぎない。実際、この記事にすべてを収めることは不可能だが、すくなくとも日本が「訪れるべき国」である理由の一端として、その瞠目の文化を紹介しよう。日本人のとびきりのやさしさ、日常を細やかに愛でる心映えに心打たれない人は、おそらくいないはずだ。

#1 日本のバス運転手たちは、ストライキ中にもかかわらずいつものルートでのバス運行を続ける。なんと乗客から運賃を受け取らずに

null
日本のバス・MohammedAshemimry

#2 日本のアルミ缶の上面には「点字」で商品名が書かれている

null
飲料缶の上面。ビールなどの誤飲を防ぐため、「おさけ」などと刻印されている・gracebuchele.wordpress.comReport

#3 日本のファンは「FIFAワールドカップ2014」の試合後、「掃除」のために待機していた

null
FIFAワールドカップ2014でゴミ袋を持つ日本人たち・Joe Giddens - EMPICSReport /Getty Images

#4 ほとんどのトイレに備え付けのベビーシートがある


null
日本のトイレに備え付けてある、赤ちゃん用ベビーチェア

#5 日本の産科が出す、産後の病院食の例


null
日本の病院食の一部・jenkinsinjapanReport

#6 日本ではしばしばこんなトイレと出会う。手洗いソープが置かれ、手を洗った水は再利用される


null
上面に手を洗う場所があるトイレ・Report

#7 日本のマンホールは美しい


null
日本の様々なマンホール・Tombo_64Report

#8 日本の学校では生徒たちが自分で掃除をする


Getty Images

#9 「まちがえて壊してしまった自転車のベル」に、弁償金と手紙


null
ベルが壊されていた自転車のカゴに入っていたメモとお金・gaijinpotReport

#10 日本の新幹線は振動知らず


null
日本の新幹線はスムーズなので、500円玉が立ったままでいることができる・gaijinpotReport

#11 大阪の路上で買い物袋を落とした。後で戻ったら、誰かが木の横に置いてくれていた


null
木のそばに置かれていた手付かずの買い物袋・justlikebuddyhollyReport

#12 車両とホームの間に挟まれた女性を力を合わせて助ける東京の通勤者たち


null
車両のホームの間に挟まれた女性を救おうと電車を押す通勤者たち・Norihiro ShigetaReport

#13 鯉が泳ぐ日本の排水路


null
鯉が生息する排水路・Report

#14 日本のトイレには、用を足す音を聞かれないよう、「ホワイトノイズ」ボタンがついていることが多い

null
日本のトイレについている「消音ボタン」・mikielizaReport

#15 見よ……(多くの外国人が日本を愛さずにいられない大きな理由)!


null
日本の駅内で階段を上がる人々・zozozeze73Report

#16 日本の電車では、家族や友達と向かいあえるように座席を回転できる



新幹線にある、回転する座席・4S

#17 日本の偉大な発明品、傘のロッカー。持ち歩かなくていいし、「うっかり間違えた」、「持っていかれた」がない


null
傘のロッカー・monikakuelsheimerReport

#18 日本のトイレには、使用中を「見える化」するシステムがあることも


null
トイレの空き状況を知らせるシステム・youknowitalktoomuchReport

編集=石井節子 翻訳協力=長谷川寧々

PICK UP

あなたにおすすめ