I write about the psychological aspects of business.

Morsa Images/Getty Images

心が強い人は感情を持たない、あるいは感情を抑えていると一般的に誤解されている。しかしこれは、確実に間違っている。

他のあらゆる人と同様、心が強い人も苦悩を経験する。悲しみや恥ずかしさ、不安のような感情は、心が強い人にとっても居心地が悪いもので、同時に絶対に避けられないものだ。

しかし心が強い人は、痛ましい経験を自己成長の機会に変えるための健全な対処スキルを活用している。この対処スキルとは、次のようなものだ。

1. 感情にラベルを貼る


心が強い人は自分は痛みを感じないと主張したり、傷ついていることを否定したりするのではなく、感情を認めるものだ。また、そうした感情をどのように呼べばよいかも心得ていて、自分が嫉妬しているときや恥ずかしいとき、不安なとき、怖いとき、自信がないときを認識している。

こうした人は、感情の状態が変化したことについて不必要に主張して回らない一方で、自分の感情を認めている。たとえ、それが自分自身に対してだけだったとしてもだ。

精神力がある人は、感情に名前をつけることで感情がほんの少し和らぐことを知っている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学者らの調査からも、この点が裏付けられている。「よし、私は今、不安だ」と考えるだけで、前進する手助けとなるのだ。

また、感情がどのように判断に影響を与えるのかを理解する役にも立つ。そのため心が強い人は、自分が感じていることを1日に数回確認するものだ。

2. 役に立つ感情と立たない感情の違いを認識する


感情は、ネガティブかポジティブかで説明されることが多い。不安は「悪い」ものと考えられるかもしれないし、幸福は「良い」ものと考えられている。

しかし状況によって、全ての感情は役に立つ場合もあれば立たない場合もある。

興奮を例に考えてみよう。今後の休暇についてわくわくしているときには生活が楽しめるかもしれないが、手っ取り早く金持ちになれる機会についてわくわくしているときは、その感情により判断がくもり、直面しているリスクを過小評価してしまうかもしれない。

また、不安を感じているときには、スピーチをしたときに起き得るあらゆる悪いことについて考えてしまうかもしれない。それにより、キャリアを大きく前進させるかもしれないスピーチの機会を断ってしまう可能性もある。

その一方、不安によって危険に気を配ることができるならば、不安は役立つかもしれない。リスクが高いビジネスの機会に不安を感じることで、計画の中にある一部の落とし穴に目を開くことができるかもしれない。

私のセラピーでは、患者に「今感じているのは、友人と敵のどちらですか?」とよく尋ねる。その答えは、これからどのように進むかを決める役に立つ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい