Close RECOMMEND

JALならではの切り口で観光地や旅の楽しみ方を紹介するWebマガジン

映画を観て、その舞台となった土地を訪れてみたいと思ったことはありませんか。特に、ファンタジーやSF作品のロケ地が実在しているとしたら、その世界に入り込んでみたいと思う方も多いでしょう。そんな、「異世界」を描いた作品が撮影された場所を、豆知識とともに紹介します。

この記事では、2019年に発売された書籍『海外名作映画と巡る世界の絶景』(インプレス)の解説を担当された映画コラムニストの新谷里映さんに、印象的な4つのロケ地をピックアップしていただきました。今のうちに、映画の世界に十分浸って、旅に出る準備をしてみてはいかがでしょうか。

遥か彼方の銀河系をイメージした『スター・ウォーズ』のロケ地はマヤ文明の遺跡にして世界遺産


「遠い昔、遥か彼方の銀河系で……」というオープニングでお馴染みの『スター・ウォーズ』シリーズ。43年にわたり物語が紡がれてきた、あまりにも有名な作品です。SF映画は、スタジオセットで撮影され背景はフルCGで作られると思われがちですが、物語の舞台となる“遥か彼方の銀河系”は、実は世界各地で撮影されています。


スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (c) Lucasfilm Ltd. ディズニープラスで配信中

記念すべきシリーズ1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は、カリフォルニア、チュニジア、グアテマラなどがロケ地で、しかも世界遺産や大自然が広がる絶景ばかり。地球上にそんな場所があったなんてと驚くはずです。


スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (c) Lucasfilm Ltd.&TM. All Rights Reserved. ディズニープラスで配信中

たとえば、作品の後半に登場する反乱軍の基地のロケ地となっているのは、マヤ文明最大の都市遺跡、グアテマラのティカル遺跡です。映画のなかでは、神殿の上から遺跡のある国立公園を見わたすようなシーンになっています。


iStock/ Mlenny

こちらの遺跡は1979年にユネスコ世界複合遺産に登録されているので、今現在も変わらず、同じ風景がそこにあります。およそ40年前の映画のロケーションを今でも実際に見ることができる、それって凄いことです。

女王アミダラの住む宮殿はイタリアのカゼルタ宮殿で撮影


『スター・ウォーズ』は、旧三部作、新三部作、続三部作、あわせて9本(ほかスピンオフやドラマ、アニメもある)もあり、世代的には新三部作の『エピソード1/ファントム・メナス』から観たという人が多いかもしれません。そこで、『ファントム・メナス』のロケ地情報も少しだけ紹介します。


スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (c) Lucasfilm Ltd.&TM. ディズニープラスで配信中

惑星ナブーの女王アミダラ(ナタリー・ポートマン)が住む宮殿のロケ地は、イタリアにあるカゼルタ宮殿です。こちらはフランスのベルサイユ宮殿に対抗するために造られたといわれており、1997年に世界遺産に登録されました。宮殿も庭園もとにかく豪華で広大、敷地内には劇場や博物館などもあり、庭園の奥行きはなんと3kmにもおよびます。


iStock/ GiorgioMorara

文=新谷里映

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ