Close RECOMMEND

台湾とアジア地域に関するあまり知られていない話題をカバー

Getty Images

ベトナムのホーチミン市に本拠を置くコングロマリットの「ビングループ(Vingroup)」は先日、フロリダ本拠のトリトン・サブマリンから観光用の潜水艦を購入した。同社はこの潜水艦を観光客向けのアトラクションとして活用する計画だ。

DeepView 24という名前のこの潜水艦は最大24人が乗船可能で、南シナ海に浮かぶホントレ島で運行される。ビングループによると、潜水艦の窓からは海中の景色をパノラマビューで楽しめるという。同社はチケットの予定価格を開示していないが、他の国の観光用潜水艦の乗船料は1人あたり100ドルから150ドル程度となっている。

これはベトナムにおける1カ月の最低賃金とほぼ同等の金額だ。

ビングループの会長を務めるのはベトナムのトップの富豪のファム・ニャット・ブオン(Pham Nhat Vuong)だ。同グループは不動産、ホテル・リゾート開発、遊園地事業、小売業などの多角的事業を展開し、傘下には自動車メーカーの「ビンファスト」や、スマホブランドの「Vスマート」もある。

ビングループの2018年の売上は122兆ドン(約5380億円)で、利益は6.2兆ドンだった。同グループはリゾートホテルチェーンのビンパール (VinPearl)を運営しており、43カ所の施設の客室数は1万7000室に達している。今回の潜水艦はビンパールのリゾートで運行される。

ベトナムの観光施設は今月から営業再開を進めており、首都ハノイの観光地も営業を再開している。ベトナムでの新型コロナウイルス感染者数は5月22日時点で324人で、死者はゼロにとどまっている。しかし、国境は閉じられたままで、ほとんどの国からの観光客の立ち入りは禁止されている。

フィンランドの潜水艦メーカーMobimarの試算によると、世界では30隻以上の観光潜水艦が運行中で、年間の観光客数は約100万人に及んでいる。

「自然ドキュメンタリー番組の『ブループラネット』などのヒットを受けて、水中観光の人気は近年高まっている」と、トリトン・サブマリンは声明で述べている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい