Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

フォーブスが世界のトップスポーツ選手100人を年収額で順位付けした今年の「世界で最も稼ぐスポーツ選手」ランキングでは、ロジャー・フェデラーが1年で1億630万ドル(約114億円)を稼ぎ、テニス選手で初となる首位に輝いた。今年はまた、大坂なおみが女子スポーツ史上最高となる年収3740万ドル(約40億円)を達成した。

昨年5位につけていたフェデラーは今年、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシを抜き、初の首位に立った。欧州サッカークラブの多くでは3月のリーグ試合停止により減給に見舞われており、ロナウドとメッシの合計年収は前年比2800万ドル(約30億円)減の2億900万ドル(約225億円)となった。

フェデラーはスポーツ界で最強のスポンサー陣を抱えており、ユニクロ、クレディ・スイス、メルセデス・ベンツなど13社との契約によりコート外での収入は1億ドル(約108億円)に上った。一方、ロナウドはナイキ、アルティス、ハーバライフや自身が手掛ける「CR7」ブランドから4500万ドル(約49億円)を稼ぎ、メッシはアディダス、マスターカード、ペプシコから3200万ドル(約34億円)を受け取った。

大坂なおみは既報の通り、セリーナ・ウィリアムズを抜いて世界で最も稼ぐ女子スポーツ選手となった。大坂はここ1年で数々の企業と契約を結んでおり、ナイキとの大口契約では1000万ドル(約10億8000万円)以上を受け取った。日本代表としての出場を決めた東京五輪は来年に延期されたが、大坂はプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や全日空、日清食品などの五輪スポンサーと契約を結んだ。

今年ランキング入りした女性は大坂(29位)とウィリアムズ(33位)の2人のみ。2016年にはウィリアムズとマリア・シャラポワがランキングに入っていたが、17年と19年はウィリアムズが紅一点、18年はランキングに入った女性はいなかった。

翻訳・編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい