Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

国内外の航空便が一部運行を再開している。今後の予定は? (Photo by Unsplash)

緊急事態宣言が全国的に解除となった。新型コロナウイルスの感染拡大の第2波の到来を予防しつつ、ひとまず「お気に入りのあの店は大丈夫か様子を見に行こう」「仕事がひと段落したら近所の商店街まで行ってみよう」などと思える状態が嬉しい。

一方、日本を含めて多くの国では外国からの旅行者に14日間程度の自主隔離を義務付けるなどしており、旅行を楽しめるようになるのはまだ先になりそうだ。時事通信によると、日本政府は外国からの入国制限を今夏以降、段階的に緩和する方向で検討に入ったという。当面はビジネス客や専門家を優先し、対象となるのはアメリカやアジアなどを想定している。

世界各国では、国境をまたぐ人の移動を徐々に認める動きもあり、航空会社は一部で運航を再開し始めている。国内外の航空会社の現時点での今後の運航情報をまとめた。

各国航空会社今後の運航情報


JAL日本航空 6/1〜6/30(5/14現在)


北米方面:ロサンゼルス、シカゴ、バンクーバー便が一部運航
欧州方面:ロンドン便一部運航
東南アジア方面:クアラルンプール、ジャカルタ便が一部運航。バンコク、ハノイ、ホーチミン、マニラ便は週1で運航。
東アジア方面:中国2都市、香港、台湾便が一部運航
オセアニア・ハワイ・グアム便は全運休
上記以外は全運休

JALは6月に計画していた60路線4680便のうち、96%にあたる60路線4513便を運休、減便するとの決定を出した。一方国内線も、6月は72%の減便を予定している。

ANA全日本空輸 5/22〜6/30(5/21現在)


北南米方面:ロサンゼルスとの相互便を全日で運航。サンフランシスコ、ニューヨーク、シカゴ、バンクーバー、メキシコ便が一部運航。
欧州方面:ロンドン、フランクフルト便が一部運航
東南アジア方面:バンコク、ハノイ、ホーチミンからの到着便、クアラルンプール、シンガポール、ジャカルタ、マニラ便が一部運航
東アジア方面:上海出発、到着便が週1で運航
オセアニア方面:シドニー便一部運航
上記以外は全運休

5月は計画していた72路線5390便のうち93%にあたる4987便を運休、減便。6月は1日から15日までで73路線2597便のうち、90%にあたる71路線2334便が減便の対象になる予定だ。ANAが5月11日に発表した3月の利用実績によると、国際線は旅客数が前年同月比72.1%減の24万3432人だった。

国内線も旅客数が前年同月比60.2%減の140万1054人と大きく落ち込んだ。

文=河村優

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい