Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

Emilija Manevska/Getty Images

プログラミングスクール「テックキャンプ」を運営するdivが、Eight Roads Ventures Japanをリード投資家とした第三者割当増資及び金融機関からの借入により、総額約18.3億円の資金調達を実施した。

引受先・借入先

Eight Roads Ventures Japan
森トラスト
価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合
SMBCベンチャーキャピタル5号投資事業有限責任組合
ドリームインキュベータ
ナントCVC2号投資事業有限責任組合
ウィーンの森-VLIベンチャー育成1号投資事業有限責任組合
VLIベンチャー育成投資事業有限責任組合
森正文氏
商工中金
きらぼし銀行

「テックキャンプ」は日本最大級のプログラミングスクール。挫折せずに学び切るためのサポート体制が充実しており、過去に2万人以上が受講をしている。未経験からプロのエンジニア転職を実現する「テックキャンプエンジニア転職」ではこれまでに1000人以上が転職に成功している。

認知度と品質の向上へ


テックキャンプは東京・大阪・愛知・福岡に展開し、今まで2万人以上が利用した。今回の調達により、テックキャンプの認知度を上げるとともに、さらなる品質の向上を目指しながら拡大できる環境を整えていく。

1. 学習システムの開発

テックキャンプでは未経験からでもプログラミングが取得できるよう、より分かりやすい教材の開発に注力している。カリキュラムにはチャット機能なども備えるなど、受講生の学習体験を向上するためのシステムも日々改善している。受講生の満足度向上のために、常に新鮮な学習カリキュラムを提供していく。

2. 人材の採用、育成

テックキャンプの強みは、メンターやトレーナーを始めとする手厚いサポート体制だ。サービス拡大のためスタッフの品質を犠牲にすることなく、すべての受講生に最高品質のサポートが行き届くよう人材の採用と育成に力をいれていく。

3. プログラミングスクールの教室増床

テックキャンプでは、集中して学習できる教室環境を提供している。3カ月先まで満席状態が続いており、受講したくでもできない顧客が多くいる。より多くの人が利用できるよう、安全管理などの設備を徹底しながら、新しい教室を展開していく。

4. 認知拡大のためのプロモーション強化

テックキャンプの受講者を少しでも増やすためにプロモーションをより強化していく。

自宅にいながらプロのエンジニアに


テックキャンプはこれまで教室学習を中心としたサービスとして展開してきた。そのため、近くに教室がない人はサービスを利用することができなかった。

また、新型コロナウイルスや緊急事態宣言の影響もあり、教室に通えず受講を諦める人も増えてきた。こうした人々にもプログラミングを学べる環境を提供するために、オンラインスタイルの開始に至った。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい