3万5000社が利用する"行動者発の情報"を配信するプラットフォーム

awabar.vr

VR SNSを開発するambrが、「仮想世界ambr」内に六本木のスタンディングバーawabarのVR店舗「awabar.vr」を2020年5月25日(月)にオープンする。

新型コロナウイルスの影響化でも、多人数で集まって楽しめる方法として、オンライン飲み会をアップデートするVR飲み会を提案する。

また、ambrは、仮想世界での実験やコラボレーションの取り組みを進めるさらなるパートナー企業を募集する。

オンライン飲み会をアップデート「VR飲み」


六本木のスタンディングバーawabarのバーチャル店awabar.vrが、VR SNS「仮想世界ambr」にオープン。2020年5月25日(月)のambrのオープンアクセス(β)開始時より利用できる。awabar.vrには、VRデバイスを通じて、ambr内にて無料でアクセスできる。

null

awabar.vrでは、アバターとなって友達や知らない人と一緒に、まるでそこにいるかのような飲みニケーションを楽しむことができる。現実を越えたバーチャルなドリンク、フード、おもちゃが、新しいコミュニケーションを実現する。

awabar.vrの取り組みを通じて、VR飲みというオンライン飲み会をアップデートする次世代のライフスタイルを提案する。また、awabarが、IT経営者や起業家たちが集う場となったように、新しい時代を創る人たちが集い出会う場を仮想世界に創造することを目指す。

null
*awabar.vrに特定のバーテンダーはいない。誰でも自由に楽しむことができる。

awabarオーナーの小笠原 治氏は以下のようにコメントしている。

「Web会議方式でのawabar.online企画を進めていましたが、まさかambrへのawabar.vr出店が先に実現するとは思っていませんでした。どちらも実現のきっかけはCOVID-19による自粛がありますが、1年前に西村さんと雑談したVR店舗のアイディアが先でしたので当然の結果かもしれません。ただ、それを実現していただいたambrチームのみなさんの集中力やスピード感に感動しています。

これからwithコロナな時代を悲観しすぎず、楽しみを見つけながら、より良く生きることが大事です。ambrはその楽しみに満ちた世界だから、(VRなのに)awabarが相変わらず小さな小さな立ち飲み屋でも、新たな出会いの場として楽しみのひとつになれそうな予感がします。

僕も11年前にawabar六本木を立ち上げたころのように、大好きなゲストをawabar.vrへ連れて(VRデバイスを被せて)飲みに行ってみようと思います。さすがに昔みたいには毎日は無理ですが」

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい