世界が直面する課題の解決方法


「幸福学」
(Getty Images)

こうした幸福感に対するシンプルで力強い洞察は、個人だけでなく、企業や政策立案者にとっても意義深いものだと、サントス教授は主張します。特に、何百万もの人々がそれぞれに苦しみを抱えている状況においては、重要な意味を持つのだと言います。

「他の人のために行動することが自分たちの幸せにつながることを、企業も気付き始めていると思います」と、慈善団体を支援したり、売上の一部をチャリティに寄付したりするといった企業の取り組みを引き合いに出しました。

しかし、もっと幅広い意味での教訓もある、と彼女は考えます。「政策立案者にとって最も重要なのは、私たちが考える幸せの理論が間違っているかもしれない、と気付くことかもしれません。つまり、『とにかくリラックスして、セルフケアに集中する』ことが幸せに思えても、実際は友人とのつながりの方が自分の心を救うことになる、ということです」

彼女は前向きなトーンで最後を締めくくります。

「これまで私たちは多くの喪失を経験してきましたが、より良い社会を構築し、一人ひとりが個人的な生活の幸せにもっと焦点を当てるために、社会がひとつになって、私たちがするべきことに取り組める状態に準備が整ったのだと思います」


(この記事は、世界経済フォーラムのAgendaから転載したものです)

連載:世界が直面する課題の解決方法 
過去記事はこちら>>

文=Harry Kretchmer, Senior Writer, Formative Content

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ