for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」は5月15日、国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜4月)を発表した。



カードのいらないカンタン決済サービス「Paidy」を提供するPaidyは、第三者割当増資により伊藤忠商事から資金調達を実施し、ベルフェイスと並んで4位にランクイン。伊藤忠商事からの累計資金調達額は100億円を突破した。また、この資金調達により、Paidyの累計資金調達額は融資を含め300億円に達し、国内スタートアップ最大規模の累計資金調達額となった。調達資金は、今事業拡大を加速するための財務基盤の強化に充てられる見込み。

新興国向け小口融資サービスを展開する、五常・アンド・カンパニーは、シリーズDラウンドにおける資金調達の第一回クローズを完了した。今年2月に行われたクレディセゾンを引受先とした900万米ドルの融資契約に加え、4月に約13億4200万円(プレスリリース記載の合計調達金額23億3000万円より推計)を調達した。合計で23億3000万円の資金調達を成功させ、12位にランクイン。今ラウンドの第一回クローズにはセブン銀行やSBIホールディングス、クレディセゾンの他、個人投資家複数名が参加している。今回の資金調達によって、今後のアジア・アフリカ地域における拠点拡大を進める方針。

ピックアップ企業


Paidy


調達金額:52億円
引受先企業:伊藤忠商事

AnyMind Group


調達金額:29億円
引受先企業:スパークス・グループ / 日本郵政キャピタル

五常・アンド・カンパニー


調達金額:13億4200万円(プレスリリース記載の合計調達金額23億3000万円より推計)
引受先企業:SBIホールディングス / セブン銀行

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい