世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Shutterstock

新型コロナのショックで仕事のしかたが変わった、あるいは仕事が激減した──。われわれは今、負荷の差異はあってもすべからく、突然訪れた「非日常」への対応を余儀なくされている。

航空業界に生きるCA(キャビンアテンダント・客室乗務員)たちも例外ではない。彼女たちは今まさに、フライト激減という不可抗力の環境下、先のみえない「スタンバイ」状況に追い込まれている。

人気記事 元ファーストクラスCAに聞く「機内で噂される一流の乗客」の共通点 の著者であり、『ファーストクラスCAの心をつかんだ マナーを超えた「気くばり」』(青春出版社)も上梓した日本航空(JAL)の元CAで現在シーエーメディアエージェンシーの代表を務める清水裕美子氏が、そんな現役CAたちを集めたZoom座談会を行った。

見えてきたのは意外にも、ポジティブで色彩豊かなチャレンジの数々だ。厳しい緊急時訓練も経ている「トラブル対応のプロ」、イレギュラーの達人たちの「トラブル対応術」6者6様を紹介してもらう。彼女たちの「有事に向かう技術」から学べることは少なくない。


新型コロナウイルスの影響で大打撃を受ける航空業界。渡航制限や外出自粛により欠航・減便が相次ぎ、そこで働くCAも大きな打撃を受けています。

しかし、機内での予期せぬトラブルに慣れているからか、現状を嘆いてばかりいないで、建設的な方向へと切り替えるのが早いのがCAの特徴。ここでは1000人以上のCAネットワークから情報発信をする「CAメディア」の代表である筆者が、現役CAがフライトのない今の時間を利用して取り組んでいるポジティブチャレンジについてご紹介いたします。


Shutterstock

現役CA「ポジティブチャレンジ」


外出自粛でCA同士のコミュニケーションをとる機会も減った今、「みんなどんな状況でどんな毎日を過ごしているのか知りたい」という現役CAの声を受けて、CAメディアでは現役CAのオンライン情報交換会を開催しました。

そこで見えてきたのは、CAならではのトラブルへのポジティブな対応力。

CAの現状は、フライトがほとんど入らずお給料が激減、毎日「スタンバイ(自宅待機)」続きでいつどのフライトに呼び出されるか分からない、これまで現地で宿泊していたフライトも日帰りになったため体力的にきつい、など経済的にも精神的にも体力的にも過酷な状況です。

フライトに行けば不特定多数のお客様と接するため、感染リスクが高いと思われ、家族からも「帰ってこないで」とばい菌扱いされるという話もあります。

しかし、そんな愚痴さえもネタにして披露し、オンライン交流会ではみんなで大笑い。そして、常に時間を逆算して効率的に動いているCAだからこそ、フライトがない今の時間を無駄にしないように、今できることに焦点を当て、とても精力的に動いていることが分かりました。

私達はそれを「現役CAポジティブチャレンジ」と名付け、その輪を広げていくべくリレーコラム企画をスタートしました。

ここでは日系航空会社、外資系航空会社の現役CA6名をピックアップして、それぞれが現在取り組んでいるポジティブチャレンジをご紹介いたします。

文=清水裕美子 編集=石井節子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい