Close RECOMMEND

I cover breaking news.

Photo by Justin Sullivan/Getty Images

米カリフォルニア州知事のギャビン・ニューサムは5月7日、州における最初の新型コロナウイルスの市中感染がネイルサロンで発生したと述べた。米国の他の州では、通常営業を再開するネイルサロンも増えているが、ニューサムは州内でのネイルサロンの営業を認めていない。

カリフォルニア州は5月8日から一部の小売店の営業再開を許可する第2フェーズに入るが、ネイルサロンの営業は許可されていない。記者会見でその理由を尋ねられた知事は「州における最初の市中感染はネイルサロンで発生した。私はこの事態を重く受け止めている」と述べた。

ネイルサロンでは、スタッフがマスクや手袋を着用し、通常以上の配慮を行った後も感染拡大が続いたと知事は述べた。

市中感染とは、発生源が不明の感染拡大が起きたことを意味する。中国などのウイルスの感染が広まっている地域への渡航歴がなく、新型コロナウイルス感染症の患者との接触が確認されていない患者を経由して感染が発生した状態を市中感染と呼んでいる。

米国で最初の市中感染の患者は、2月26日にカリフォルニア州サクラメント郊外で確認されたが、知事がこの患者について述べているのかどうかは定かではない。また、州当局がどのようにしてネイルサロンでの感染を特定したのかも不明だ。

フォーブスは知事の事務所に、詳細を尋ねたが現時点で回答は得られてない。

ニューサム知事のネイルサロンの営業許可を認めない姿勢は、米国の他州とは異なっている。ジョージア州やテネシー州のネイルサロンは先週から限定的な状態ではあるが、営業を再開している。

カリフォルニア州は4つの段階に分けて外出制限の解除を計画しており、小売店や一部の製造業の営業再開が、第2フェーズに区分されている。ニューサム知事は5月8日からの第2フェーズの開始を宣言したが、美容室やジム、映画館などは第3フェーズに指定されており、日程はまだ決められてない。

編集=上田裕資

VOL.309

勤務中にコロナに感染したら提訴できる? 企...

VOL.311

米議員らがアマゾンに公開書簡、従業員解雇の...

PICK UP

あなたにおすすめ