I'm a doctor who writes about addiction, nutrition and mindfulness.

Getty Images

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は、社会のあらゆる側面に大混乱をもたらしている。私たちの日常生活についていえば、食生活にも影響が及んでいることは明らか──つまり、誰でも気を紛らわすために食べてしまうことがある。

前例のない事態が起きている今、ストレスレベルは極めて高くなっている。さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が長期化する懸念もあるなかで、この高いストレスレベルがどの程度の期間にわたって持続されることになるのか、誰にも分からない。

米エール大学の研究では、ストレスが肥満やその他の代謝性疾患のリスクを高める可能性があることが指摘されている。また、消化器病学が専門のデューク大学医学部内科学部のジュリアス・ワイルダー助教は、「ストレスと体重増加の関係は、十分に証明されている」と述べている。

オハイオ州にあるクリーブランド・クリニック肥満・代謝研究所のW・スコット・バッチ医師によれば、「ストレス、恐怖、退屈さが増すことは、(食べると幸せな気持ちになれる)コンフォートフードやスナック、炭水化物の摂取量の増加につながる」という。

外出自粛中も健康的な食事法を持続するためには、どうすればいいだろうか?以下、そのための7つのヒントを紹介する。

1. 心が休まるものを食べる
これほど不確実性が高まっているのだから、チーズケーキでもワインでも、大好きなものを楽しむことを、自分に許してあげよう──ただし、それでも度を超さないことが重要だ。

2. 予定を立てる
例えば──朝食の準備をする、ズームでの会議やその他の仕事をこなす、運動する、健康的な軽食を取る、午後の仕事、夕食の支度をする、テレビや映画を見たり、読書をしたりしてくつろぐ、など。

3. 間食には健康的なものを選ぶ
健康的なものを選べば、習慣的に間食をしても問題はない。選択肢はたくさんある。ときには甘い物や、塩気の多いものを食べてもいい。

4. 食べる量に注意する
家にいると、簡単に大袋入りのポテトチップスを全部食べてしまったり、6本パックのビールを全部飲んでしまったりする。これらは、いつの間にか体重が増えてしまう一因。小皿に取り分けてから食べるなど、量に気を付けることが大切だ。

編集=木内涼子

VOL.299

軍地彩弓が語る、After/Withコロナ時代におけ...

VOL.301

パンデミックの影響で、米国の母子家庭に降り...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい