Careers

Getty Images

ジェフは最近、国際的な大企業のマーケティング職に採用された。私の以前の記事を読んだ彼は、私へのメッセージで、自分が抱えている不満について次のような質問をした。

「自分には良いアイデアがあると覆いますが、それを説明しようとしても、黙らせられてしまうように感じます。上司は私の意見を聞きたくないのではないかと思い始めました。自分の発言を聞いてもらうようにするには、どうすれば良いでしょうか?」

会議で自分の意見を聞いてもらうには、極端なテクニックが必要なのだろうか? 自分の会社の会議では、一部の人だけが突飛なアイデアを提案して、他の人は隅に押しやられているだろうか?

そのように感じるかもしれない。会議ではしばしば、参加者のエゴや、感情的な偏見、敵対心が見え隠れした行動が露呈する。自分の能力を証明したい人や、自分の優位性を保持したい人が出てきて、権力闘争に発展することもある。そんな中で脇に追いやられている人は、自分のアイデアが聞いてもらえる日は果たして来るのだろうかと思ってしまう。

こうした話は、ジェフ以外の人からも聞いたことがある。ある女性は、同僚があまりにも話を聞いてくれないことに嫌気がさし、ある日のミーティングで自分が発言する前に大きな声で「セックス」と叫んだ。それにより皆の注目を集められたとのことだが、彼女が真の意味での敬意を得られたかは疑問だ。

どのようにすれば、人が敬意を持って自分の意見を聞くようにできるだろうか? ここでは、次の会議で試すべき10のステップを紹介する。

1. アクティブリスニング


これは、何も言わずにただ脇に座っていることではなく、相手を尊重し、その意見を静かに理解することだ。アクティブリスニング(積極的傾聴)をすることで、他の人の考えに対する見識が得られるだけでなく、その意図を深く理解できる。自分が話す前に、他の参加者の意見をしっかりと聞こう。思っていたよりはるかに多くのことが耳に入ってくるだろう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ