Close RECOMMEND

行動者発のプレスリリースが流通するプラットフォーム

新型コロナウイルス感染症による世界的な影響を受け、100%天然素材の除菌抗菌液「クリアンスEX」を販売するクリア電子、調味料の小型容器の製造・充填を行う大石屋、企画とクリエイティブを担当するエードットが協働で「#SafeHandFish」プロジェクトを発足した。

このプロジェクトは、新型コロナウイルス感染症により世界中で除菌抗菌液が不足し、必要な生活者に流通していない現状から生まれたアクション。日本人に馴染みのある「魚型の醤油さし」に除菌液を充填し、食の場面を通して除菌の意識と習慣を啓発、「個人の衛生管理(Personal Hygiene)」の訴求を目的としている。

#SafeHandFishプロジェクト WEBサイト>>


#SafeHandFishプロジェクト概要ムービー

物資不足を機転で応え、ニーズに応える


宴会やイベントの中止・自粛により、大量に余っていた調味料容器に除菌抗菌液を充填することで、使い切りサイズの携帯用除菌抗菌液として、必要な人々に届けることができる。相次ぐ注文キャンセルで困窮する容器メーカーの救済と、需要と供給がミスマッチしていた除菌抗菌液の課題解決という、企業と社会にとってwin-winのアイデアを実現した。

おなじみの醤油さしを無償で提供 食の場面をで「個人の衛生管理」


null

「魚の醤油さし」は、日本では常に食事のそばにセットで存在する、おなじみの存在だ。そんな見慣れた存在が、清潔さや安全を象徴する青のキャップで「#SafeHand」のシンボルとなり、「個人の衛生管理」の意識づくりを啓発する。

#SafeHandFishでは、「魚の醤油さし」に充填した除菌液を#StayHomeで需要が高まるフードケータリングや中食業界に無償で提供、食事とともに生活者のもとへ届けられる。食事前に気になるところをサッと除菌する使い切りサイズで、清潔な状態での食事が可能になる。

null

発足の背景

国際連合はグローバルな新型コロナウイルス感染症への対策を促進すべく、世界のクリエイティブ産業への呼びかけを実施している。

世界保健機関(WHO)と国連が公開した、クリエイティブを通して発信すべき6つのアクションを促進するためのコンテンツ作成に関するブリーフでは、そのアクションの1つに「個人の衛生管理(Personal Hygiene)」が挙げられている。

これを受けて、クリア電子、大石屋、エードットがそれぞれの強みを生かし、プロジェクトが実現した。

PR TIMESより

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ