スポーツビジネスについて執筆

Photo by Press Release of BMW Group

ドイツの高級車メーカー、BMWは、世界の5つのeスポーツ組織とパートナーシップ契約を結んだ。若年層の人気を集めるeスポーツのチームと組み、次世代の消費者のマインドシェア(好感度)を高める狙い。今後、スポーツ関連の広告宣伝費では重点分野をゴルフなどから転換していく方針だ。

BMWが契約したのは、米国のCloud9(クラウドナイン)、英国のFnatic(フナティック)、中国のFunPlus Phoenix(ファンプラス・フェニックス)、ドイツのG2 Esports(ジーツー・イースポーツ)、韓国のT1(ティーワン)。

BMWのブランド経験イベント担当幹部、シュテファン・ポニクファは「生まれたときからデジタルファーストの若い世代は、テレビや伝統的な広告にはあまり関心を払いません。eスポーツは彼らにリーチするためのツールなのです」と説明する。

ゲーム業界の調査会社ニューズーによると、eスポーツの2019年の観戦者は全世界で4億5400万人に達し、3年後には少なくともさらに1億9000万人増える見通し。観戦者はミレニアル世代以下が大多数を占め、従来のテレビよりもTwitch(ツイッチ)やユーチューブ、Mixer(ミクサー)といった動画ストリーミングプラットフォームを好んで利用している。

BMWは17年、「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の欧州選手権夏季シーズンファイナルズで初めてeスポーツの大会に協賛した。LoLは世界で最も人気のeスポーツタイトルの一つで、毎日800万人が同時にプレーする。FunPlusとG2が争った19年のLoL世界選手権ファイナルは、1億人を超える観戦者を集めた。

今回、BMWがパートナーシップ契約を結んだ5組織もソーシャルメディアで巨大なエンゲージメントやリーチを誇り、ツイッター、ユーチューブ、インスタグラムのフォロワーは合計で810万人に上る。BMWはその10分の1以下だ。パートナーシップの一環で、5組織のチームはトーナメントに先立って対戦し、ソーシャルメディアやストリーミングプラットフォームで「United in Rivalry」というハッシュタグを使うことになる。

編集=江戸伸禎

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい