Close RECOMMEND

.

ツイッターCEO ジャック・ドーシー(Getty Images)

ツイッターとスクエアのCEOを兼任するビリオネアのジャック・ドーシーは4月7日、彼の保有資産の3分1近くに及ぶ10億ドル(約1100億円)相当のスクエア株を、新型コロナウイルス関連の慈善活動に寄付すると宣言した。

4月14日に公開されたSEC(米国証券取引委員会)への提出書類で、ドーシーが進める寄付の詳細が判明した。

フォーブスは、ツイッター及びスクエアの共同創業者であるドーシーの保有資産を39億ドルと試算している。14日に開示された書類で、ドーシーが6億900万ドル相当のスクエア株を、スタート・スモールと呼ばれるLLC(有限責任会社)に譲渡していたことが確認された。

譲渡の実施日は、彼が10億ドル相当の寄付をアナウンスした前日の4月6日だった。

ドーシーは寄付の透明性を維持するため、金額や支払先の詳細をグーグルのスプレッドシートで公開している。それによると、スタート・スモールは4月14日時点で合計510万ドルを4つの新型コロナウイルス関連の基金に支払っている。

そのうちの1つの、ドメスティックバイオレンスの被害者救済を目指すロサンゼルスの団体、Mayor’s Fund LAには210万ドルが支払われていた。感染拡大により自宅で過ごす人々が増えた結果、家庭内暴力の被害者は増加中とされている。

米国のビリオネアが、スタート・スモールのようなLLCへ寄付を行った事例は他にもある。マーク・ザッカーバーグ夫妻や、故スティーブ・ジョブズの妻のローレン・パウエル・ジョブズなど、複数のビリオネアが同様のスキームで寄付を行っている。

富豪たちが寄付を行う場合、慈善団体に寄付するよりも、自身で設立したLLCに寄付するほうが、監査や説明責任の負担を回避できるメリットがある。

ドーシーは先週のツイートで、感染拡大が終息すれば、スタート・スモールは支援対象を変化させ、女性の健康や教育、ユニバーサル・ベーシック・インカムなどの推進を目指していくと述べていた。

フォーブスはスクエアの担当者にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

編集=上田裕資

VOL.209

目指す世界が同じなら連携すればいい。食系ス...

VOL.211

米国人の大半、コロナ流行ピーク越えても旅行...

PICK UP

あなたにおすすめ