.

Virgin Orbit

宇宙企業「ヴァージン・オービット(Virgin Orbit)」は、太平洋上で実施したロケットの空中発射の予行演習を無事成功させ、同社初の宇宙ロケットの打ち上げ実施に近づいた。

カリフォルニア州本拠のヴァージン・オービットは、リチャード・ブランソンが設立した宇宙ツーリズム企業「ヴァージン・ギャラクティック」と兄弟関係にある企業で、航空機から発射される「空中発射ロケット」で小型衛星を軌道に送り込もうとしている。

ヴァージン・オービットは4月12日、初の打ち上げに備えて実施したコズミック・ガール(Cosmic Girl)の飛行実験を成功させたと発表した。コズミック・ガールはボーイング747を改造した航空機で、翼の下に長さ16メートルのランチャーワン(LauncherOne)と呼ばれるロケットを吊り下げて飛行し、高度1万メートルの空中からロケットを発射する。

ランチャーワンは空中でエンジンに点火し、最大重量500キロの小型衛星を軌道に送り込む。ヴァージン・オービットは以前から、この空中発射システムの実験を重ねてきたが、今回のテストの成功により、商用打ち上げの実施に一歩近づいた形だ。

今回の実験にはモハーヴェ砂漠のモハーヴェ宇宙港が用いられた。コズミック・ガールは本番の打ち上げで用いられるのと同じ、ロサンゼルス沖から太平洋上を経由して、モハーヴェ砂漠に帰還するルートを飛行し、その途中でランチャーワンの発射の予行演習を行った。

ヴァージン・オービットによると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、商用打ち上げの日程はまだ確定していないという。今年3月に、ヴァージン・オービットは米国政府から、“不可欠なサービス”であるとの認定を受け、感染拡大が続く中でカリフォルニア州の施設で業務を続行する許可を得ていた。

同社の従業員の90%は現在、リモートで勤務しているという。ヴァージン・オービットは先日、米国宇宙軍から3500万ドルの契約を獲得し、将来的に3回の打ち上げで合計44基の小型衛星を地球軌道に送り込むミッションを遂行すると宣言していた。

ただし、宇宙軍のミッションを手がける前に、ヴァージン・オービットはまず、最初の商用打ち上げを成功させる必要がある。空中発射システムの実験を成功させた今、同社はそのゴールに一歩近づいた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ