Close RECOMMEND

Photo by Atila Altuntas/Anadolu Agency via Getty Images

北欧のスウェーデンは他の欧州諸国が、厳しい都市封鎖や自宅待機の強制により新型コロナウイルスの封じ込めを図ろうとしている中で独自路線を貫き、ロックダウンを行わない方針をとってきた。しかし、ここ2日間でスウェーデン国内のコロナウイルスによる死者は急増し、政府に強行な措置を求めるプレッシャーが高まっている。

スウェーデン政府は、感染者の隔離と治療に専念するスタンスをとっており、ジムやレストラン、バーなどのビジネスの多くが今も営業を続けている。

専門家の間からは、政府のこのアプローチと死亡率の高さのつながりを指摘する声もあがる。コロナウイルスの感染者の死亡率は、スウェーデンでは8%近くに及んでおり、ノルウェー(2%)やデンマーク(4%)よりも大幅に高い。

4月9日時点でのスウェーデンにおける感染者は1万人近くに達し、そのうち719人が重篤な状態だ。また、保健当局によると、死者は2日連続で100人を突破しており、合計で782人が亡くなっている。

統計によると、スウェーデン人たちは自発的に社会的距離をとっており、ストックホルムの公共交通の利用者数は半分に減少し、リモートワークの導入も進んでいる。しかし、それだけではウイルスの拡散を食い止められないのかもしれない。

スウェーデンの国家疫学者のAnders Tegnellは、以前から緩やかな感染防御策を提唱しており、先日のテレビ番組では、パンデミックには人々が集団免疫を獲得することで対抗できる、もしくは、将来的に集団免疫とワクチンの組み合わせで打ち勝てるという趣旨の発言を行った。

しかし、ワクチンが開発されるのは今から1年以上も先のことであり、回復した患者が免疫を獲得するという理論も根拠が不十分であると反発する声もあがっている。

新たな感染者や死者が増加するなかで、政府に対し、より厳しい措置を求める声は高まっている。先月は2000人を超える学者たちが、政府に厳格な措置を求める公開書簡に署名した。

調査会社YouGovのデータによると、スウェーデン人はコロナウイルスのパンデミックに対する危機感が最も低い国民であり、ウイルス感染を「非常に」恐れる、もしくは「ある程度」恐れると回答したスウェーデン人は全体のわずか31%にとどまっていた。

背景には、スウェーデン人の政府に対する信頼度が、他の諸国よりも高いことがあるのかもしれない。

現地メディアの報道によると、スウェーデン政府は現在、公共交通機関の停止や店舗の営業禁止を義務づける緊急措置の発動の権限を議会に与える方向で、検討を始めたという。

[訂正]最終パラグラフについて、初出時に「スウェーデン政府は現在、〜緊急措置の発動の検討を始めたという」部分を、「〜緊急措置の発動の権限を議会に与える方向で、検討を始めたという」に訂正しました。また、それに合わせ、タイトルをより内容に沿ったものに改めました。

編集=上田裕資

VOL.188

「まだ陽性、だけど退院」新型コロナで入院、...

VOL.190

新型コロナ対応に苦慮する国々とGDPに占める医...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい